衛生 (理論)






問121
栄養素の過不足による疾病に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。


1 ビタミン A の摂取不足は
頭蓋内圧亢進による頭痛を引き起こす。

2 新生児ではビタミン K 欠乏性出血症が起こることがある。

3 妊婦のビタミン B6 の摂取不足により
胎児の神経管閉鎖障害が起こることがある。

4 カリウムの摂取不足は
血圧の低下を引き起こす。

5 甲状腺腫は、ヨウ素の過剰摂取によっても
摂取不足によっても起こりうる。





問122
40 歳女性。血圧が高めであるため、1 日に摂取する
食塩相当量を、食事摂取基準(2015 年度版) の目標量
(男性 8.0 g/日 未満、女性 7.0 g/ 日 未満)に抑えるように
気をつけている。

ある日、外出していたため朝食のおにぎりと
昼食の弁当を購入した。
成分表示を見ると、おにぎりには
「食塩相当量 1.4 g」、弁当には
「ナトリウム 1,100 mg」 との記載があった。

この日の夕食は食塩相当量として
何 g 未満にする必要があるか。最も近い値を 1 つ選べ。
ただし、Na 及び Cl の原子量を 23 及び 35.5 とし
3 食以外は食塩の摂取はないものとする。

1 6.3 
2 5.3
3 3.8
4 2.8
5 1.6
6 0.65




問123
食品に由来する有害物質に関する記述のうち
正しいのはどれか。1つ選べ。

1 ポテトチップスを製造する際の加熱時に
ジャガイモに多く含まれるアスパラギンが糖と反応して
アクリルアミドが生じる。

2 魚の焼け焦げの部分に含まれる
トリプトファン由来の変異原性物質は、トリプタミンである。

3 マーガリンやショートニングなどに含まれる
トランス脂肪酸は発がん性を示すため
食品中含量の表示が義務づけられている。

4 魚に含まれる 2 級アミンが胃の中で
塩酸と反応することにより、ニトロソアミンが生じる。

5 輸入ピーナッツと同様に
コウジ菌を用いる味噌・醤油についても
食品中のアフラトキシン濃度が重点的に
検査されている。





問124
食品の安全に関わる
法制度に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ポジティブリスト制度により
国内で流通しているすべての農薬について
食品中の残留基準が個別に設定されている。

2 HACCP とは、食品製造における
最終製品の抜き取り検査による
衛生管理の方法である。

3 特定保健用食品の
関与成分の健康影響は
食品安全委員会が評価を行う。

4 食品表示法は
JAS 法、食品衛生法、健康増進法の
食品の表示に関する規定を統合して
包括的かつ一元的にしたものである。

5 食品添加物の規格や使用基準は
食品安全基本法で定められている。





問125 
ウェルシュ菌及びウェルシュ菌による
食中毒に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 ウェルシュ菌は
Clostridium botulinum という学名の
偏性嫌気性菌である。

2 最近(2011年以降)の
1年あたりの発生件数は
腸炎ビブリオによる食中毒より少ない。

3 最近(2011年以降)の
食中毒1件あたりの平均患者数は
カンピロバクターによる
食中毒に比べて多い。

4 給食や学生食堂において
食肉を調理したカレーやシチューなどの
食品が原因となることが多い。

5 潜伏期間は3日~1週間と長く
主要症状は腹痛と水様性下痢である。






問126 
合計特殊出生率及び
下図に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。


1 合計特殊出生率は
15歳から39歳までの女性を
対象として算出する。

2 合計特殊出生率は
既婚女性のみを対象として算出する。

3 合計特殊出生率は
総再生産率の約 2 倍の値となる。

4 下図から、1960年には
夫婦一組あたりの平均子供数が
2人であったことがわかる。

5 下図から、合計特殊出生率の低下には
未婚率の上昇が影響している可能性が
考えられる。





問127 
第二次世界大戦後
四日市地域ではコンビナート
(火力発電、石油精製、石油化学の工場群)が
次々に操業を開始した。

その後、市への悪臭の苦情及び
汚染地域でのぜん息患者が増加したが
これらの現象は
コンビナート操業前には認められなかった。

そのため
1961年から5年間の
国民健康保険のレセプト
(診療報酬明細書)をもとに
汚染地区と汚染がみられなかった地区
(対照地区)の住民約3万人について

二酸化硫黄による大気汚染と
地域住民の気管支ぜん息などの
健康被害の調査が行われた。

以下の図1~3は、その調査結果である。


この疫学調査に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 この調査は、症例対照研究である。

2 1961年の時点で、四日市市内では
頻繫に酸性雨が認められていた。

3 対照地区でも気管支ぜん息の
受診があったことから
二酸化硫黄が原因物質である
可能性は低いと考えられる。

4 1961年以降、汚染地区で
気管支ぜん息の受診割合が
対照地区に比べ多いことから
二酸化硫黄曝露と健康被害との間には
関連があると考えられる。

5 二酸化硫黄濃度が高くなると
気管支ぜん息の発作回数が増加する
傾向が認められる。



問128 
コーヒー摂取と発がんとの
関係を調べるため
10,000人を対象として
10年間のコホート研究を行った結果

コーヒー摂取(1日4杯以上)の有無によって
肺がん発症率には差が見られない
というデータが得られた(表1)。

そこで、コーヒーを多飲する人には
喫煙者が多いのではないかと考え
さらに解析を行った(表2)。


この解析に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 喫煙(1日5本以上)による
肺がん発症の相対危険度は
6.0と計算される。

2 喫煙1日5本未満の者では
コーヒー摂取(1日4杯以上)が
肺がん発症の相対危険度を
低下させることがわかる。

3 喫煙者(1日5本以上)の
肺がん発症の相対危険度に
コーヒー摂取は影響を
与えないことがわかる。

4 コーヒー摂取1日4杯未満
かつ喫煙1日5本未満
である群が最も肺がんの
患率が低いことがわかる。





問129 
エボラ出血熱とMERS
(中東呼吸器症候群)の両方に
あてはまる記述はどれか。つ選べ。

1 病原体はウイルスである。

2 自然宿主である
野生動物を介して感染が拡大する。

3 発症した際の致死率は5%未満である。

4 感染症法(感染症の予防及び
感染症の患者に対する医療に関する法律)で
一類感染症に分類される。

5 検疫感染症に指定されている。





問130 
母子感染に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 妊娠初期に
サイトメガロウイルスに初感染すると
母子感染を起こすことがある。

2 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の
母子感染を防ぐため
ワクチンの接種が推奨されている。

3 B型肝炎ウイルスは
母体にワクチンを接種することにより
胎児への感染を防ぐことができる。

4 風疹は高率で胎内感染を起こすため
その予防を目的に
妊娠前の抗体検査が推奨されている。

5 トキソプラズマ感染による先天異常は
ワクチンにより防ぐことができる。




問131 
体内からの化学物質の
排泄に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 尿や胆汁以外にも
唾液腺、汗腺、及び涙腺を介して
化学物質は排泄される。

2 血液への溶解度が高く
かつ脂溶性が高い化学物質は
呼気中への排泄が速い。

3 化学物質の胆汁への排泄効率は
その分子量に依存しない。

4 爪や毛髪も化学物質の
排泄経路とみなすことができる。




問132 
発がん物質A~Eの代謝と
発がん作用に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。


1 Aは、それ自身がDNA と反応する
一次発がん物質である。

2 Bの究極的代謝活性体は
シトクロムP450による酸化を受けた後に
生成するメチルカチオンである。

3 Cの究極的代謝活性体は
シトクロムP450による酸化を受けた後に
生成する 9,10-ジオール体である。

4 Dの代謝活性化には
シトクロムP450と
エポキシドヒドロラーゼが関わっている。

5 Eの究極的代謝活性体は
シトクロムP450により
メチル基が酸化された後に
N -脱メチル化で生成する
メチルカチオンである。





問133 
ある乱用薬物について
呈色反応に基づく簡易検査を行ったところ
以下の構造を有する化合物が生成し
アルカリ性条件下で赤色を呈した。
この乱用薬物はどれか。1 つ選べ。


1 アンフェタミン
2 メタンフェタミン
3 メトカチノン
4 MDMA 
5 4-メトキシアンフェタミン





問134 
「残留性有機汚染物質に関する
ストックホルム条約(POPs条約)」に
関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 蓄積性がないものも
対象物質に含まれている。

2 対象物質は
すべて長距離移動性を有する。

3 非意図的生成物である対象物質に対し
その排出を削減することが定められている。

4 ヒトに対する長期毒性が
不明なものも対象物質に含まれている。

5 対象物質は、すべて
化学物質の審査及び製造等の
規制に関する法律(化審法)
の規制対象物質である。




問135 
ハロアルカン類の化合物には
オゾン層破壊効果や温室効果を
持つものがある。

それらは、オゾン層破壊効果の
強弱に基づき3つの群に分類される。

下図は、冷媒として使用する
ハロアルカン類の国内出荷量を
地球温暖化係数を用いて
二酸化炭素相当量に換算し
その経年変化を表したものである。

②群に分類される化合物の
構造式を2 つ選べ。






問136 
環境中の水に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 水圏は、生態系の
構成要素の1つである。

2 海洋は、地球表面の
約90%を占める。

3 地球に存在する海水と淡水の
質量比率は約4:1である。

4 表層水は、地下水に比べ
我が国では水道水源としての取水量が多い。

5 地下水は、表層水に比べ
自浄作用が強く汚染されにくい。




問137 
水中の溶存酸素(DO)の測定法
(ウインクラー法)に関する次の記述の
a~ cに入るべき語句の
正しい組合せはどれか。つ選べ。

ウインクラー法では
アルカリ性条件下で硫酸マンガンから
生じた水酸化マンガンと
試料中のDOが反応することにより

速やかに酸素が( a )され
亜マンガン酸の( b )沈殿を生じる。

次に、硫酸を加えることで
DOと当量の( c )が遊離するので
チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定し
DOを求める。





問138 
大気汚染物質に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 硫黄酸化物の主な発生源は
自動車のガソリンエンジンである。

2 光化学オキシダントは
炭化水素と硫黄酸化物が
太陽光の作用により光化学反応して生成する。

3 浮遊粒子状物質には
発生源から直接排出された
一次生成粒子と
大気中でガス成分が反応して生じた
二次生成粒子がある。

4 炭化水素類を成分とする溶剤を
使用する工場、事業所は
非メタン炭化水素の
主な発生源の1つである。

5 窒素酸化物は
排煙を塩基性の水溶液に接触させることにより
効果的に除去することができる。




問139 下の図は
ある晴れた風がない冬の日の早朝
ある町の風景を示したものである。

この町は平野にあり、左側には工場がある。
この工場の煙突からは煙が出てお
ある高さから右の方にのびていた。
このときの気象条件に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。


1 このときの大気の安定度は
非常に低い状態だったと推測される。

2 放射冷却が発生した可能性が高い。

3 煙突付近の気温が
地表付近の気温よりも高い可能性がある。

4 地表付近で汚染物質が発生しても
その濃度は速やかに低下する。





問140 
ある教室の室内環境について
以下の数値を得た。

アスマン通風乾湿計の
乾球温度21.0℃
アスマン通風乾湿計の
湿球温度15.0℃

黒球温度計の示度22.5℃
湿度図表から求めた
相当湿球温度16.0℃
(黒球温度に対応する湿球温度)

気動1.0m/sec


これらの値と
以下の補正感覚温度
(CET)図表(座標軸のタイトルは表示し
ていない)を用いて求められる
熱輻射を考慮した補正感覚温度
実効輻射温度の正しい組合せは
どれか。1 つ選べ。