問101-121 解説





問121
栄養素の過不足による疾病に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。


1 ビタミン A の摂取不足は
頭蓋内圧亢進による頭痛を引き起こす。

2 新生児ではビタミン K 欠乏性出血症が起こることがある。

3 妊婦のビタミン B6 の摂取不足により
胎児の神経管閉鎖障害が起こることがある。

4 カリウムの摂取不足は
血圧の低下を引き起こす。

5 甲状腺腫は、ヨウ素の過剰摂取によっても
摂取不足によっても起こりうる。


選択肢 1 ですが
ビタミン A の過剰摂取により
頭蓋内圧亢進による頭痛が引き起こされる
ことがあります。
摂取不足では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
ちなみに、現在の日本では、全国的に
出生時、生後 1 週間以内、1ヶ月後に
予防内服が行われており、めったにおこることは
ありません。


選択肢 3 ですが
神経管閉鎖障害につながりうるのは
葉酸の不足です。
ビタミン B6 では、ありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
低 K では、高血圧が引き起こされます。
低血圧では、ありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。
ヨウ素の過剰摂取により
甲状腺の働きが過度に活発になり
過剰な量の甲状腺ホルモンが作られることにより
甲状腺が肥大することがあります。

また、ヨウ素が欠乏すると
ヨウ素をより取り込もうとして
甲状腺が肥大し、甲状腺腫を
形成することがあります。


以上より、正解は 2,5 です。