問101-122 解説





問122
40 歳女性。血圧が高めであるため、1 日に摂取する
食塩相当量を、食事摂取基準(2015 年度版) の目標量
(男性 8.0 g/日 未満、女性 7.0 g/ 日 未満)に抑えるように
気をつけている。

ある日、外出していたため朝食のおにぎりと
昼食の弁当を購入した。
成分表示を見ると、おにぎりには
「食塩相当量 1.4 g」、弁当には
「ナトリウム 1,100 mg」 との記載があった。

この日の夕食は食塩相当量として
何 g 未満にする必要があるか。最も近い値を 1 つ選べ。
ただし、Na 及び Cl の原子量を 23 及び 35.5 とし
3 食以外は食塩の摂取はないものとする。

1 6.3 
2 5.3
3 3.8
4 2.8
5 1.6
6 0.65


おにぎりの食塩量は 1.4 g です。
すぐにわからないのが、弁当の
「ナトリウム 1100 mg」 です。
以下、ナトリウム 1100 mg が
食塩量としてどうなるのかを考えます。


食塩とは、 NaCl のことです。
NaCl の分子量は23 + 35.5 = 58.5 です。

食塩中に、Na は、23/58.5 存在します。
逆に言うと、Na が x(g) 存在すれば
食塩で言うと、x × (58.5/23) g 分である、ということです。


選択肢から、結構大雑把な計算でいいので
58.5/23 ≒ 2.5 と近似して考えます。


すると、Na が 1100 mg = 1.1 g あると
食塩は、1.1 × 2.5 = 2.75 g です。

おにぎりと合わせると
1.4 + 2.75 = 4.15 g です。

よって、摂取できるのは
残り大体 2.8 g です。
(7.0 - 4.15 = 2.85 より。)


以上より、正解は 4 です。