問101-124 解説


問124
食品の安全に関わる
法制度に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ポジティブリスト制度により
国内で流通しているすべての農薬について
食品中の残留基準が個別に設定されている。

2 HACCP とは
食品製造における
最終製品の抜き取り検査による
衛生管理の方法である。

3 特定保健用食品の
関与成分の健康影響は
食品安全委員会が評価を行う。

4 食品表示法は
JAS 法、食品衛生法、健康増進法の
食品の表示に関する規定を統合して
包括的かつ一元的にしたものである。

5 食品添加物の規格や使用基準は
食品安全基本法で定められている。


選択肢 1 ですが
ポジティブリスト制度により
原則として残留基準が設定されています。

しかし
明らかに健康を損なわない農薬
(対象外物質)については、対象外です。
すべての、ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
HACCP とは
食品の製造・加工工程における
重要管理点を、連続的に監視することで
製品の安全を確保するという
衛生管理の手法 のことです。


HACCP と対比されるのが
最終製品の抜き取り検査 です。

最終製品の抜き取り検査は
最終成果からサンプルを抜き取って
一部だけ見て、大丈夫なら、全部OK
という検査です。

この方法では
抜き取り検査が合格だったのに
製品による事故が起きる、ということを
完全に防ぐことができませんでした。

とはいえ、全部を検査するのは
時間・コストを考えると非現実的です。

そこで、工程管理に検査の重点を置く
という HACCP が注目されるようになりました。

以上より
最終製品の抜き取り検査 と
HACCP は、別の言葉です。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
食品添加物に関して定めているのは
食品衛生法です。
食品安全基本法では、ありません。

食品衛生法は、他にも
農薬の残留基準などについて
規定しています。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 3,4 です。