問101-125 解説


問125 
ウェルシュ菌及びウェルシュ菌による
食中毒に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 ウェルシュ菌は
Clostridium botulinum という学名の
偏性嫌気性菌である。

2 最近(2011年以降)の
1年あたりの発生件数は
腸炎ビブリオによる食中毒より少ない。

3 最近(2011年以降)の
食中毒1件あたりの平均患者数は
カンピロバクターによる
食中毒に比べて多い。

4 給食や学生食堂において
食肉を調理したカレーやシチューなどの
食品が原因となることが多い。

5 潜伏期間は3日~1週間と長く
主要症状は腹痛と水様性下痢である。


選択肢 1 ですが
書いてある英語の名前が
クロストリジウム ボツリヌム みたいな
名前なので、これはボツリヌス菌の
記述と分かります。

よって、選択肢 1 は誤りです。

ちなみに
ウェルシュ菌は
Clostridium perfringens らしいです。
嫌気性桿菌です。


選択肢 2 ですが
腸炎ビブリオは、かつては
細菌性食中毒として多かったのですが
近年著しく減少しており
年間 10 件にも満たない発生状況です。

一方、ウェルシュ菌は
年間 20 ~ 40 件 です。

よって、選択肢 2 は誤りです。

(正直、「両方少なめ」。
ウェルシュ=給食病。
一件あたりが、患者数多い ぐらいしか
覚えていないので、この選択肢は
パスでもいいかも。。)


選択肢 3,4 は
正しい選択肢です。

ウェルシュ菌は
熱に強く、嫌気性で、芽胞を作る細菌です。

ウェルシュ菌による食中毒は
別名給食病と呼ばれ
一件当たりの患者数が多いのが
特徴です。


選択肢 5 ですが
この潜伏期間は
O157 に関する記述と思われます。

ウェルシュ菌による食中毒は
給食食べて
その日の晩に発症する感じなので
3日~1週間では、ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 3,4 です。