問101-126 解説


問126 
合計特殊出生率及び
下図に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。



1 合計特殊出生率は
15歳から39歳までの女性を
対象として算出する。

2 合計特殊出生率は
既婚女性のみを対象として算出する。

3 合計特殊出生率は
総再生産率の約 2 倍の値となる。

4 下図から、1960年には
夫婦一組あたりの平均子供数が
2人であったことがわかる。

5 下図から、合計特殊出生率の低下には
未婚率の上昇が影響している可能性が
考えられる。


選択肢 1 ですが
合計特殊出生率とは
1 人の女性が、一生に産む子供の数の
平均のことです。

出産可能な年齢は、15 歳から 49 歳と
規定されます。
39 歳まででは、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
特に既婚のみといった限定はありません。
記述は、有配偶者出生率についてです。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。

総再生産率とは、女子に注目する
合計特殊出生率と考えればよいです。
つまり、1 人の女性が
一生に産む「女児」の数の平均です。

すると
男女の生まれる確率は、ほぼ半々なので
合計特殊出生率のほぼ半分となります。

いいかえると
総再生産率の約 2 倍が
合計特殊出生率です。


選択肢 4 ですが
合計特殊出生率は、確かに 2.0 ですが
「夫婦一組あたり」は、わかりません。

この数は未婚・既婚問わずであるため
既婚一組あたりは、表から読み取れない
ということです。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 3,5 です。