問101-128 解説


問128 
コーヒー摂取と発がんとの
関係を調べるため
10,000人を対象として
10年間のコホート研究を行った結果

コーヒー摂取(1日4杯以上)の有無によって
肺がん発症率には差が見られない
というデータが得られた(表1)。

そこで、コーヒーを多飲する人には
喫煙者が多いのではないかと考え
さらに解析を行った(表2)。


この解析に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。


1 喫煙(1日5本以上)による
肺がん発症の相対危険度は
6.0と計算される。

2 喫煙1日5本未満の者では
コーヒー摂取(1日4杯以上)が
肺がん発症の相対危険度を
低下させることがわかる。

3 喫煙者(1日5本以上)の
肺がん発症の相対危険度に
コーヒー摂取は影響を
与えないことがわかる。

4 コーヒー摂取1日4杯未満
かつ喫煙1日5本未満
である群が最も肺がんの
患率が低いことがわかる。


選択肢 1 ですが
喫煙に注目して、改めて表を考えると

                肺がん発症
喫煙あり     50/5000
喫煙なし     20/5000

となります。

相対危険度とは、別名相対リスクです。
暴露群と、非暴露群の疾病頻度の比です。

よって、喫煙による相対危険度は
2.5 です。6.0 では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2,3 は、正しい選択肢です。

表2に注目すれば
喫煙無し かつ コーヒー有りだと
5/2000 に対し
喫煙無し かつ コーヒー無しだと
15/3000 となっています。

よって、コーヒー摂取が
肺がん発症の相対危険度を低下させていると
わかります。

また、喫煙有りだと
コーヒー摂取ありで、30/3000
コーヒー摂取なしで、20/2000 となっており
約分すれば同じです。
よって、喫煙者の場合
コーヒー摂取は影響を与えないと
わかります。


選択肢 4 ですが
罹患率が一番低いのは
コーヒー摂取あり かつ
喫煙なし の群です。

よって、選択肢 4 は誤りです。


以上より、正解は 2,3 です。