問101-129 解説


問129 
エボラ出血熱とMERS
(中東呼吸器症候群)の両方に
あてはまる記述はどれか。つ選べ。

1 病原体はウイルスである。

2 自然宿主である
野生動物を介して感染が拡大する。

3 発症した際の致死率は5%未満である。

4 感染症法(感染症の予防及び
感染症の患者に対する医療に関する法律)で
一類感染症に分類される。

5 検疫感染症に指定されている。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。

エボラ出血熱は
エボラウイルスが
MERS は
MERS コロナウイルスが
原因と考えられています。


選択肢 2 ですが
エボラ出血熱は
感染者の体液などを通じて
感染が拡大します。

MERS の感染経路は
正確にはわかっていません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
共に致死率は高いです。
エボラは 50 % 以上。
MERS は 約 40 % です。

よって、誤りです。


選択肢 4 ですが
エボラ出血熱は、一類感染症です。
MERS は、二類感染症です。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。

検疫感染症とは
検疫業務の対象となる感染症のことです。

対象は
一類感染症、新型インフルエンザ等
MERS、デング熱 などの
15 の感染症です。

質問、診察、消毒等を実施します。


以上より、正解は 1,5 です。