問101-130 解説


問130 
母子感染に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 妊娠初期に
サイトメガロウイルスに初感染すると
母子感染を起こすことがある。

2 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の
母子感染を防ぐため
ワクチンの接種が推奨されている。

3 B型肝炎ウイルスは
母体にワクチンを接種することにより
胎児への感染を防ぐことができる。

4 風疹は高率で胎内感染を起こすため
その予防を目的に
妊娠前の抗体検査が推奨されている。

5 トキソプラズマ感染による先天異常は
ワクチンにより防ぐことができる。


選択肢 1 は、正しい選択肢です。

サイトメガロウイルスは
そこら中にいるウイルスです。
感染しても、基本的にはほぼ
問題ありません。

ですが、妊娠初期に、初感染すると
胎児に感染しやすく
この時期の感染は、胎児に
種々の症状として表れることがあります。


選択肢 2 ですが
HIV に対するワクチンは、まだ
開発されていません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
B 型肝炎ウイルスに対するワクチンを
生まれてすぐに、乳児に対して
3 回接種することで感染予防につながります。
母体に、ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
母体が風疹ウイルスに罹ると
高確率で胎児も感染します。
(時期により、率は異なります。)

その結果
先天性風しん症候群 になる可能性が
出てきます。
(白内障、先天性心疾患、難聴など)

予防のために
妊娠初期に、抗体価検査を行います。

ですが、妊娠中は
予防接種が受けられないため
妊娠希望または予定の女性は
妊娠「前」の抗体検査が推奨されています。

免疫不十分な場合
予防接種を行うことが推奨されます。

既に妊婦で
予防接種を受けられないケースでは

人混みを避けたり
周囲の人や家族のワクチン接種などにより
周囲からの感染を予防する、といった
対策を心がけます。

また、分娩後に、早期ワクチン接種が
望まれます。



選択肢 5 ですが
トキソプラズマにワクチンは
まだありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

ちなみに
感染予防のための注意点は
非加熱食品に注意。
ネコを介した感染に注意です。



以上より、正解は 1,4 です。