問101-132 解説


問132 
発がん物質A~Eの代謝と
発がん作用に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。



1 Aは、それ自身がDNA と反応する
一次発がん物質である。

2 Bの究極的代謝活性体は
シトクロムP450による酸化を受けた後に
生成するメチルカチオンである。

3 Cの究極的代謝活性体は
シトクロムP450による酸化を受けた後に
生成する 9,10-ジオール体である。

4 Dの代謝活性化には
シトクロムP450と
エポキシドヒドロラーゼが関わっている。

5 Eの究極的代謝活性体は
シトクロムP450により
メチル基が酸化された後に
N -脱メチル化で生成する
メチルカチオンである。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
A は、ナイトロジェンマスタードです。
直接 DNA と反応する、アルキル化剤です。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
B は、N - N ジメチルニトロソアミンです。
P450 で代謝され、メチルカチオンを生じることで
発がん性を示すことが知られています。


選択肢 3 ですが
C は、ベンゾピレンです。
7,8 - オキシド
→ 7,8 - ジヒドロジオール
→ ジオールエポキシド という過程を経て
代謝されます。

「9,10」 ジオール体では、ありません。
また、「エポキシド」(3 員環エーテル)が
活性体です。

よって、選択肢 3 は誤りです。

ベンゾピレンのナンバリングですが
右上の環の頭の角部分が 1 で
時計回りに番号をつけていきます。

2つの環の縮合部分は
普通の名前ではなく
「3a,5a,6a,10a,10b,12a」となります。


選択肢 4 ですが
D は、アフラトキシンです。
カビ毒の一種です。

CYP により酸化されて活性化します。
エポキシドヒドロラーゼの関与は
知られていません。
よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
E は、4 - ジメチルアミノアゾベンゼンです。
メチルイエローと呼ばれる 着色料として
用いられます。

アゾ化合物は
発がん性の疑いのある
特定芳香族アミンを生成することがあります。
メチルカチオン生成では、ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。





類題) 98-131 
(代謝活性化、抱合反応)