問101-134 解説


問134 
「残留性有機汚染物質に関する
ストックホルム条約(POPs条約)」に
関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 蓄積性がないものも
対象物質に含まれている。

2 対象物質は
すべて長距離移動性を有する。

3 非意図的生成物である対象物質に対し
その排出を削減することが定められている。

4 ヒトに対する長期毒性が
不明なものも対象物質に含まれている。

5 対象物質は、すべて
化学物質の審査及び製造等の
規制に関する法律(化審法)
の規制対象物質である。


POPs条約とは
残留性、蓄積性、毒性が高く
長距離移動性が懸念される物質が
対象の条約です。

燃焼過程で非意図的に
生成される物質に関しても
対象となっています。


選択肢 1 ですが
蓄積性があるものが対象です。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2,3 は、正しい選択肢です。


選択肢 4 ですが
POPs条約での対象は
長期毒性がある
(健康を損なうおそれがある)と
わかっているものです。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
ほぼすべて、POPs 条約の
対象物質は、化審法の規制対象です。

ですが、現時点で完全にすべてでは
ありません。
(塩素数 2 のポリ塩化ナフタレン など)

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。