問101-135 解説


問135 
ハロアルカン類の化合物には
オゾン層破壊効果や温室効果を
持つものがある。

それらは、オゾン層破壊効果の
強弱に基づき3つの群に分類される。

下図は、冷媒として使用する
ハロアルカン類の国内出荷量を
地球温暖化係数を用いて
二酸化炭素相当量に換算し
その経年変化を表したものである。

②群に分類される化合物の
構造式を2 つ選べ。


3つの群とは
環境への影響度が
高い方から

特定フロン
代替フロン(塩素あり)
代替フロン(塩素なし) です。

特定フロンの構造上の特徴は
水素原子がないことです。

※代替フロンの塩素なしであっても
「オゾン層破壊の心配がない」のですが
「温室効果作用」はあることに
留意が必要です。


2群は
特定フロンではないが
環境への影響から
削減されつつあるものなので
代替フロン(塩素あり)と考えられます。

選択肢 1,5 が特定フロンです。
選択肢 2,4 が代替フロン(塩素あり)です。
選択肢 3 が代替フロン(塩素なし)です。


従って、正解は 2,4 です。