問101-140 解説


問140 
ある教室の室内環境について
以下の数値を得た。

アスマン通風乾湿計の乾球温度21.0℃
アスマン通風乾湿計の湿球温度15.0℃
黒球温度計の示度22.5℃
湿度図表から求めた相当湿球温度16.0℃
(黒球温度に対応する湿球温度)
気動1.0m/sec

これらの値と、以下の補正感覚温度
(CET)図表(座標軸のタイトルは
表示していない)を用いて求められる
熱輻射を考慮した補正感覚温度
実効輻射温度の正しい組合せはどれか。
1 つ選べ。




輻射熱とは、固体表面からの熱です。
実効輻射とは、黒球温度と、気温の差のことです。
本問では、22.5 - 21.0 = 1.5 ℃です。


輻射を考慮した補正感覚温度 を求めるので
黒球温度である 22.5 及び、16.0 を用います。
気動は、1.0 です。


下図のようにプロットした点を結び
気動 1.0 の曲線を読めば
補正感覚温度は 大体 18 ℃ です。




以上より、正解は 6 です。