衛生 (実践)



問 226-227 
65歳女性。
食道がんを切除後
経口による栄養補給が不可能となったため
高カロリー輸液
(Total Parenteral Nutrition)療法が
適用となった。 


問 226(実務) 
2週間投与したところで
患者が病棟薬剤師に
口内炎による痛みを訴えた。

薬剤師は
ビタミンの補充が必要と判断した。

このとき、補充を提案すべきビタミンと して
適切なのはどれか。2つ選べ。
 
1 ビタミン A 
2 ビタミン B2 
3 ビタミン D
4 ビタミン E 
5 葉酸


問 227(衛生) 
栄養素の補給に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2 つ選べ。 

1 高カロリー輸液に含まれる
ビタミン B12が機能を発現するには
胃の内因子が 必要である。

2 高カロリー輸液に
ビタミン B1を過剰に添加すると
ウェルニッケ脳症を引き 起こす。 

3 亜鉛の補給は
褥瘡の防止・早期修復に効果を示す。 

4 高カロリー輸液にセレンを添加しないと
心機能異常を起こすことがある。 

5 肝機能が著しく低下した患者の高カロリー輸液には
グルタミンを多く添加す る必要がある。





問 228-229 
56歳女性。
パーキンソン病及び慢性胃炎で治療中のため
保険薬局に処方箋を持参した。

処方1を継続服用していたが
振戦が改善されないため
本日より 処方2が追加された。

薬剤師は服薬指導の際に
患者にチーズを食べすぎないよう に指導した。

(処方1) レボドパ 250mg・カルビドパ配合錠 
1回1錠 (1日3錠) 
1日3回 朝昼夕食後 14日分 

ファモチジン錠 20mg 
1回1錠(1日2錠) 
1日2回 朝夕食後 14日分 

(処方 2) 
セレギリン塩酸塩口腔内崩壊錠 2.5mg 
1回1錠(1日1錠) 
1日1回 朝食後 14日分


問 228(実務) 
この患者にとって
チーズの成分の中で
問題となるのはどれか。 1つ選べ。 

1 トランス脂肪酸 
2 デヒドロ酢酸ナトリウム 
3 チラミン 
4 ナイシン 
5 ラクトース


問 229(衛生) 
チーズ中の成分が問題となる理由として
最も適切なのはどれか。1 つ選べ。 

1 この食品成分が
胃に障害を与え胃炎を悪化させる。 

2 この食品成分が
処方された薬物の代謝酵素を阻害する。 

3 この食品成分が
処方された薬物の
代謝酵素の発現を誘導する。 

4 この食品成分が
処方された薬物の
消化管からの吸収を阻害する。 

5 処方された薬物が
この食品成分を代謝する酵素を阻害する。 

6 処方された薬物が
この食品成分を代謝する
酵素の発現を誘導する。






問230-231 
少年スポーツクラブの
懇親会のバーベキューで
大人3名、子供10名が
鶏肉を焼いて食べた。

その3日後に
この懇親会に参加した者のうち
子供4名が発熱及び下痢を伴う
腹痛を発症した。

患児の全員が近医を受診し
点滴静注などの治療を受けた。
その後、この食中毒の原因は
カンピロバクターと同定された。


問230(実務)
カンピロバクターによる食中毒に
罹患した患児の保護者に対する
薬剤師による衛生管理を含めた
指導及び助言として
適切なのはどれか。つ選べ。

1 下痢が続いている間は
糖分や電解質を含む
スポーツ飲料の摂取は控える。

2 下痢が続いても
下痢止めは使用しない。

3 鶏肉の内部は汚染されていないので
表面を軽くあぶってから
子供に食べさせる。

4 鶏肉を取扱った手を洗ってから
他の食品を取扱う。

5 鶏肉を生食する際には一度冷凍し
カンピロバクターを死滅させる。

問231(衛生)
カンピロバクターによる食中毒に
関する記述のうち
誤っているのはどれか。つ選べ。

1 カンピロバクターは
鳥類等の腸管に常在し
鶏肉を汚染しやすい。

2 野生生物により汚染された
環境水を飲むことにより
発症することがある。

3 牛レバーの生食により
発症することがある。

4 カンピロバクターは乾燥に弱いため
殻の表面が乾燥している
鶏卵の生食による発症のリスクは低い。

5 再興感染症の1つに
位置づけられている。





問232-233 
特定健康診査を受けた本人に
実施機関から健診結果及び
これに応じた生活習慣の改善
に関する情報が届いた。

問232(衛生)
特定健康診査に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 内臓脂肪型肥満に
着目した健康診査である。

2 特定健康診査の対象者は
後期高齢者である。

3 特定健康診査を受けるのは
個人に課せられた義務であり
健康保険組合等の医療保険者は
干渉しない。

4 特定健康診査の結果から
生活習慣病の発症リスクが高い人に対して
生活習慣を見直すサポートが実施される。

5 特定健康診査に関わる個人情報は
個人情報保護法の対象にならない。


問233(実務)
特定健康診査における
メタボリックシンドロームの診断基準となっている
検査項目はどれか。2 つ選べ。
1 血圧
2 空腹時血糖値
3 尿酸値
4 血清クレアチニン値
5 γ-GTP 値





問234-235 
34歳女性。
検診で乳がんの疑いを指摘された。
血縁者の多くが乳がんを発症していたため
乳がんの遺伝子検査及び
組織診断を受けた。

その結果、HER2陽性乳がんと診断された。
骨転移があるため
ドセタキセル/カルボプラチン/トラスツズマブの
併用療法のレジメンに従い
薬物治療が始まった。


問234(衛生)
遺伝性乳がんの発症に関わる
遺伝子はどれか。つ選べ。

1 APC
2 BRCA1
3 NF1
4 p53
5 RB
6 VHL


問235(実務)
ドセタキセル/カルボプラチン/トラスツズマブの
併用療法について、誤っているのはどれか。
つ選べ。

1 トラスツズマブ投与前及び
投与期間中に適宜心機能検査をする。

2 トラスツズマブは
アナフィラキシー様症状に
注意して投与する。

3 トラスツズマブの
代表的な副作用に骨髄抑制がある。

4 カルボプラチンの投与期間中は
血清電解質濃度及び腎機能検査を行う。

5 カルボプラチンは
アナフィラキシー様症状に
注意して投与する。

6 カルボプラチンの
代表的な副作用に骨髄抑制がある。





問236-237 
77歳男性。
3月中旬のある日、昼食の時間になり
家族が男性を探したところ
男性は農機具等が置いてある小屋で
うずくまっていた。

顔面は蒼白であり、声をかけても
うなずくだけで言葉が出なかった。
また、足下に嘔吐物があった。
えても歩くことができなかったため
救急車で病院に搬送した。

家族の話から、この男性は
朝10時頃から小屋で畑仕事の
準備をしていたという。
診察した医師は、化学物質による
中毒を疑い、検査を依頼した。


問236(実務)
病院で行うべき処置として
誤っているのはどれか。つ選べ。

1 胃を洗浄する。
2 活性炭を投与する。
3 制吐剤を投与する。
4 輸液を投与する。
5 利尿剤を投与する。


問237(衛生)
この男性の
血液を検査したところ
コリンエステラーゼ活性が
著しく低下していた。

中毒の原因と考えられる
化学物質はどれか。つ選べ。

1 クロルピクリン
2 グルホシネート
3 パラコート
4 メソミル
5 硫酸タリウム




問238-239 
薬物乱用が
社会的な問題となっているため
中学校より学校薬剤師に
薬物乱用防止講座を実施してほしい
との要請があった。

問238(実務)
この講座の中で
中学生に伝える内容として
適切なのはどれか。つ選べ。

1 処方された医薬品であれば
どのような目的で使用しても
薬物乱用とはいわない。

2 危険ドラッグを1回
使用しただけも薬物乱用という。

3 大麻を所持しているだけで
使用していない場合は
処罰の対象とはならない。

4 シンナーや覚せい剤を使い続けて
病的な状態になると
ストレスを感じただけ
幻覚が生じることがある。

5 薬物乱用によって
意欲が減退することはあるが
暴力的になることはない。


問239(衛生)
最近5年間(平成22年以降)の
我が国における覚せい剤事犯の
検挙状況に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 覚せい剤事犯の検挙人員は
薬物(覚せい剤、大麻、麻薬及び
向精神薬、あへん)事犯別
検挙人員のうち最も多くを占める。

2 覚せい剤事犯の検挙人員全体のうち
約半数を占めているのは
30歳未満である。

3 覚せい剤事犯の検挙人員全体に占める
50歳以上の割合は、増加している。

4 覚せい剤事犯の検挙人員全体に占める
初犯者の割合は、約80%である。





問240-241 
36歳男性。
CD20 陽性の再発低悪性度
B細胞性非ホジキンリンパ腫のた
イットリウム(90Y)イブリツモ
マブチウキセタン(遺伝子組換え)を
投与することになり、注射液の調製が依頼された。

問240(実務)
イットリウム(90Y)イブリツモ
マブチウキセタン(遺伝子組換え)注射液は
イブリツモマブチウキセタン
(遺伝子組換え)に
イットリウム(90Y)を結合させて
調製する。

調製について誤っているのはどれか。
つ選べ。

1 製品名と規格、検定日、使用量、使用日
患者名、調製者名等を記載した
記録簿を作成し保管する。

2 調製は、微生物の汚染を防ぐために
クリーンベンチ内で行う。

3 飛散防止のために
バイアル内は陰圧に保つ。

4 放射性医薬品が分注されたシリンジには
医薬品の名称、量及び患者氏名を
入したシールを貼付する。

5 調製時に発生した放射性廃棄物は
専用のドラム缶に封入し保管廃棄する。


問241(衛生)
90Y に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 主に β 線を放出する。
2 半減期は約1週間である。
3 90Srとの間に放射平衡が成り立つ。
4 神経組織に特異的効果を示す。
5 光電効果やコンプトン散乱を引き起こす。





問242-243 
学校薬剤師が、小学校の屋外にある
プールの水質検査を
プールの対角線上の3点の水面下20cm の
A、B、Cで実施した。
結果は下の通りであった。

・A,B,C ともに、pH は 7.2。
・遊離残留塩素は、A のみ 0.3
B,C は 0.2 (mg/L)


問242(実務)
学校薬剤師が行う説明として
適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 プール水の遊離残留塩素が
基準を満たしていないと指摘した。

2 プール水のpH が
基準を満たしていないと指摘した。

3 遊離残留塩素の基準を満たすことは
プール熱の発生予防や
クリプトスポリジウムの増殖予防に
有効であると説明した。

4 晴天時、紫外線の強いときは
遊離残留塩素の消費が高まると
説明した。


問243(衛生)
プール水の検査項目で
ないのはどれか。1 つ選べ。

1 塩化物イオン
2 大腸菌
3 一般細菌
4 過マンガン酸カリウム消費量
5 総トリハロメタン






問244-245 
58歳男性。
糖尿病のため、食事療法及び運動療法に加え
経口糖尿病治療薬による治療を受けていた。
効果不十分のため
ペン型インスリン製剤を用いることになった。

問244(実務)
インスリン製剤の選択に関する記述のうち
誤っているのはどれか。つ選べ。

1 超速効型及び速効型インスリン製剤は
インスリンの追加分泌を補うのに用いる。

2 持効型及び中間型インスリン製剤は
インスリンの基礎分泌を補うのに用いる。

3 スルホニル尿素系薬を併用する場合
速効型インスリン製剤を用いる。

4 混合型インスリン製剤を毎食前1日3回投与すると
生理的なインスリン動態に近づけることができる。

5 速効型インスリン製剤を毎食前1日3回投与し続けると
再び経口糖尿病薬に反応するようになることが期待できる。


問245(衛生)
医療機関に返却された針の
廃棄方法で正しいのはどれか。つ選べ。

1 回収した使用済み針の
処理責任は、市町村が負う。

2 使用済み針と未使用の針は
廃棄前に必ず分別しなければならない。

3 使用済み針は
特別管理一般廃棄物として扱う。

4 使用済み針は
回収後滅菌しても感染性廃棄物と同様の扱いをする。

5 未使用の針は
感染性廃棄物と同様の扱いをする。