物理・化学・生物 (実践)


問196-197 
65歳女性。体重50kg。
術後肺炎を発症し
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)と
緑膿菌による複合感染症と診断され

アルベカシン硫酸塩とピペラシリンナトリウムの
各注射液が静脈内投与された。
なお、この女性の腎機能は正常である。

問196(実務)
アルベカシン硫酸塩の
最も適切な投与法はどれか。1 つ選べ。

1 1回50mg、60分かけての点滴投与を
1日1回、数日間にわたって実施した。

2 1回50mg、4時間かけての点滴投与を
1日1回、数日間にわたって実施した。

3 1回200mg、60分かけての点滴投与を
1日1回、数日間にわたって実施した。

4 1回200mg ワン・ショットでの静脈内投与を
1日3回、数日間にわたって実施した。

5 1回200mg、24時間かけての持続点滴投与を
数日間にわたって実施した。


※ ↓ 解なし 
問197(物理・化学・生物)
アミノグリコシド系抗生物質と
β-ラクタム系抗生物質の両水溶液を
混合して残存率を測定したところ
下のようなグラフが得られた。

ただし、横軸は時間(h)
縦軸は抗生物質の残存率(%)を
片対数プロットしたものである。

このグラフでBは( ① )である。
また、このグラフからBは( ② )に従って
分解していると考えられる。
①、②の組合せとして正しいのはどれか。


(問197は、解なし。)



問198-199 
77歳女性。
以下の処方箋を持って薬局を訪れた。
患者の話から、最近
のが飲み込みにくいとのことであった。

(処方)
ニフェジピン徐放錠(24時間持続)20mg 
1回1錠(1日1錠)1日1回朝食後
14日分粉砕


問198(実務)
この処方に関する疑義照会として
適切なのはどれか。1つ選べ。

1 簡易懸濁法で投与するよう提案する。

2 粉砕せず、そのまま舌下に含むことを提案する。

3 同用量のニフェジピンカプセルに変更し
脱カプセルして朝食後に
舌下に含むことを提案する。

4 同用量のニフェジピンカプセルに変更し
脱カプセルしてゼリーなどに混ぜて
朝食後に服用するよう提案する。

5 同用量のニフェジピンの持効性細粒に変更し
朝夕食後に分けて投与するよう提案する。



問199(物理・化学・生物)
今回処方されているニフェジピンは
血管拡張性の血圧降下薬である。

ポアズイユの法則に従えば
脈拍数、心拍出量、血液の粘度が一定条件下で
血圧は末梢の毛細血管の半径の4乗に反比例する。

この条件下で、ニフェジピンにより
血圧180mmHg の高血圧患者の
毛細血管半径が7%増大したときの
血圧(mmHg)に最も近い値はどれか。 1 つ選べ。

1 165 
2 155 
3 145 
4 135 
5 125





問200-201 
60歳女性。
身長150cm、体重45kg。
めまい、ふらつき、冷汗、軽度の意識障害を
主訴として受診し、入院することとなった。

入院時に病室を訪問した薬剤師が
持参薬を確認したところ
下記の薬剤を日ごろ欠かさず服用
していたことが分かった。

入院時の
血清クレアチニン値1.5mg/dL
BUN 29mg/dL
AST 25IU/L、ALT 30IU/L
PT-INR 2.0、空腹時血糖値40mg/dL であった。

持参薬の内容
(薬袋1)
シベンゾリンコハク酸塩錠 100mg 
1回1錠(1日3錠)

ベラパミル塩酸塩錠40mg 
1回1錠(1日3錠)

1日3回朝昼夕食後


(薬袋2)
ワルファリンK 錠1mg 
1回2錠(1日2錠)

1日1回朝食後


(薬袋3)
ロキソプロフェン Na 錠 60mg 
1回1錠(1日3錠)

テプレノンカプセル50mg 
1回1カプセル(1日3カプセル)

1日3回朝昼夕食後


問200(実務)
薬剤師はこの女性の主訴の原因として
服用中の薬物の副作用を疑った。
最も可能性の高い薬物はどれか。1 つ選べ。

1 シベンゾリンコハク酸塩
2 ベラパミル塩酸塩
3 ワルファリンカリウム
4 ロキソプロフェンナトリウム
5 テプレノン



問201(物理・化学・生物)
患者に低血糖症状が疑われたため
血糖値を検査することになった。
血中グルコースの測定法に関する
記述として正しいのはどれか。2つ選べ。

1 市販の簡易血糖測定器に用いられる酵素には
グルコースオキシダーゼや
グルコースデヒドロゲナーゼなどがある。

2 電極法では
グルコースから酵素反応により生じる
過酸化水素をガラス電極で測定する。

3 屈折率を利用した
糖度計によって測定する。

4 簡易カラムにより
他の単糖とグルコースを分離し
エチジウムブロマイドによ
蛍光測定する。

5 グルコースと酵素及びNADP+を反応させ
生じたNADPH を吸光度法により測定する。





問202-203 
45歳男性。
下記の処方箋を保険薬局に持参した。
薬剤師がインタビューしたところ
患者は「医師からはピロリ菌の
一次除菌と聞いている」と回答した。

(処方)
オメプラゾール錠10mg 
1回2錠(1日2錠)

クラリスロマイシン錠200mg 
1回1錠(1日1錠)

アモキシシリンカプセル250mg 
1回3カプセル(1日3カプセル)

1日1回朝食後7日分


問202(実務)
処方監査による判断として
正しいのはどれか。 1つ選べ。

1 1日1回朝食後を
1日1回朝食前に変更する。

2 1日1回朝食後を
1日1回夕食後に変更する。

3 それぞれの薬剤の1日量を2倍にして
1日2回朝夕食後に変更する。

4 7日分を3日分に変更する。

5 7日分を14日分に変更する。


問203(物理・化学・生物)
ヘリコバクター・ピロリ菌の
感染診断には尿素呼気試験法が用いられる。

この方法は、13C で標識した尿素を服用し
ピロリ菌が持つウレアーゼ活性で
生じる呼気中の二酸化炭素を
赤外吸収スペクトル法で検出するものである。

これに関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 赤外線は紫外線よりも
短波長である。

2 赤外線は分子振動によって
双極子モーメントが変化するときに吸収される。

3 赤外吸収スペクトル法では
紫外可視吸光度法とは異なり
ランベルト-ベール(Lambert-Beer)の法則が
成立しない。

4 13CO2の逆対称伸縮振動は
12CO2と比べ低い波数側に検出される。

5 12CO2の測定には2350cm-1付近の吸収が用いられ
これは指紋領域に含まれる。





問204-205 
74歳男性。
意識障害のため救急搬送されてきた。
水分貯留をともなう高血圧性緊急症と診断され
治療方針を話し合う中で
ニカルジピン塩酸塩とフロセミドの投与が検討された。

問204(実務)
緊急対応のため注射製剤が選択された。
この薬物投与に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 ニカルジピン塩酸塩注射液と
フロセミド注射液を注射筒内で混合して
投与できる。

2 ニカルジピン塩酸塩は
急速静注が推奨される。

3 両剤とも生理食塩液又は
ブドウ糖注射液で希釈できる。

4 フロセミドは
電解質失調に注意して投与する。

問205(物理・化学・生物)
処方薬の物性を測定する目的で
種々のpH で水溶液(50μg/mL)を調製し
その5mL ずつに、それぞれ
1-オクタノール5mL を加えてよく振り混ぜ

分配平衡に達した後
水層中の薬物濃度を測定した。

以下の表は
処方されたどちらかの薬物の結果である。
この結果に関する記述として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

ただし、この薬物は
1-オクタノールとの相互作用を起こさず
また、イオン形薬物の
1-オクタノールへの分配は
起こらないものとする。




1 塩基性薬物ニカルジピンの測定結果である。
2 酸性薬物フロセミドの測定結果である。
3 この薬物の分配係数は、約10である。
4 この薬物の pKa は、約6.0である。
5 この薬物の pKa は、約4.0である。





問206-207 
10歳女児。体重34kg。
昨夜より咽頭痛がひどかったため
母親が小児科を受診させ
以下の処方箋をかかりつけの保険薬局へ持参した。

処方箋を受け取った薬剤師が
薬剤服用歴とお薬手帳で
現在服用中の薬剤を確認したところ
以下の①~⑤であった。

(処方)
セフジニル細粒10% 
1回1.0g(1日3.0g)
1日3回朝昼夕食後4日分

(現在服用中の薬剤)
①バルプロ酸Na徐放顆粒40% 
1回1.5g(1日1.5g)
1日1回夕食後28日分

②ビフィズス菌微粒
1回0.5g(1日1.5g)
1日3回朝昼夕食後28日分

③溶性ピロリン酸第二鉄シロップ5% 
1回4mL(1日12mL)
1日3回朝昼夕食後28日分

④プランルカストシロップ用10% 
1回1.0g(1日2.0g)
1日2回朝夕食後28日分

⑤フェキソフェナジン塩酸塩シロップ用5% 
1回0.6g(1日1.2g)
1日2回朝夕食後28日分

問206(実務)
現在服用中の薬剤のうち
セフジニル細粒との相互作用が
問題となるのはどれか。1 つ選べ。

1 バルプロ酸Na徐放顆粒
2 ビフィズス菌微粒
3 溶性ピロリン酸第二鉄シロップ
4 プランルカストシロップ用
5 フェキソフェナジン塩酸塩シロップ用


問207(物理・化学・生物)
セフジニルに関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。



1 セフェム系抗生物質である。

2 細菌の細胞壁生合成に関わる酵素を
アルキル化することで作用を示す。

3 β-ラクタマーゼによって
aの位置で加水分解される。

4 オキシムはZ 配置である。

5 アミノイミダゾリル基をもつ。





問208-209 
72歳男性。
いつもは21時頃に床に入り
夜間に1~2回トイレに起きる
ことはあるが、眠れていた。

1週間前より寝つきが悪くなり
内科を受診した。
下の処方箋が出され
保険薬局に持参した。

併用薬はなく
肝機能、腎機能に異常はない。
この薬剤を服用するのは初めてである。

(処方)
ゾルピデム酒石酸塩錠5mg 1回1錠(1日1錠)
1日1回就寝前7日分

問208(実務) 解なし。
今回の処方に関する
服薬指導として適切なのはどれか。つ選べ。

1 眠れるようになれば、いつ服用をやめても構いません。
2 就寝前に飲酒しても構いません。
3 眠れなければ、服用量を増やしても構いません。
4 グレープフルーツジュースを飲むのは避けてください。
5 カフェイン(コーヒー、紅茶など)の摂取は、夕方以降は避けてください。


問209(物理・化学・生物)
ゾルピデム酒石酸塩に関する
記述のうち、正しいのはどれか。2 つ選べ。


1 窒素原子アは sp3 混成軌道をもつ。
2 破線で囲んだ環は芳香族性をもつ。
3 窒素原子イは、3 つの窒素原子のうち最も塩基性が高い。
4 酒石酸の立体異性体は、図に示したものを含めて4つある。
5 この酒石酸は (2R, 3R) の立体配置を有する。





問210-211 
散剤の主薬の処方量が少ない場合には
賦形剤の添加により、かさを増
分包誤差を極力少なくすることができる。

賦形をする際は
一般的に賦形剤として
乳糖やデンプンなどを
主薬によって選択して用いる。

問210(物理・化学・生物)
構造式Aで表される
乳糖に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。


1 D-グルコフラノースと
D-ガラクトフラノースが
グリコシド結合している。

2 還元糖である。

3 グルコシダーゼによって
2つの単糖に分解される。

4 水に溶かすと異性化し、旋光性を失う。

5 β(1→4)結合をもつ。


問211(実務)
以下のうち、一般的に
乳糖を賦形剤として用いるのはどれか。
2 つ選べ。

1 アミノフィリン水和物末
2 イソニアジド末
3 ヨウ化カリウム末
4 β-ガラクトシダーゼ散
5 ロートエキス散





問212-213 
63歳女性。
日曜日の午後、急に左耳が聞こえにくくなった。
翌朝まで様子をみたが
改善しなかったため
近隣の耳鼻科を受診したところ
突発性難聴と診断された。
以下の薬剤が処方され、保険薬局に来局した。

(処方)
処方1 プレドニゾロン錠5mg 1回2錠(1日6錠)
1日3回朝昼夕食後3日分

処方2 プレドニゾロン錠5mg 1回2錠(1日4錠)
1日2回朝昼食後3日分

処方3 プレドニゾロン錠5mg 1回2錠(1日2錠)
1日1回朝食後3日分

処方4 メコバラミン錠500μg 1回1錠(1日3錠)
1日3回朝昼夕食後9日分

処方5 テプレノンカプセル50mg 1回1カプセル(1日3カプセル)
1日3回朝昼夕食後9日分

問212(実務)
薬剤師が服薬指導する
内容の記述として
適切でないのはどれか。2 つ選べ。

1 寝つきが悪くなることがあります。

2 難聴の症状が改善すれば
プレドニゾロン錠は途中で
服用を中止しても構いません。

3 プレドニゾロン錠は
朝食後6錠、昼食後4錠、夕食後2錠を
3日間服用してください。

4 メコバラミン錠は光に弱い薬です。
光を避けて保管してください。

5 テプレノンカプセルは
胃粘膜を保護する薬です。


問213
プレドニゾロンの確認試験に
赤外吸収スペクトルが利用できる。
以下の記述のう
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 吸収帯Aはヒドロキシ基に由来する。
2 吸収帯BはC-O単結合に由来する。
3 吸収帯Cはカルボニル基に由来する。
4 吸収帯DはC-H 結合に由来する。





問214-215 
35歳女性。体重45kg。
昨夜より40℃の発熱が続いたため
医療機関を受診した。
発汗はなく、全身の関節がひどく痛かった。

下記の生薬を含む
漢方エキス細粒が処方された。
なお、処方量は常用量である。

生薬名1日量
マオウ5.0g
キョウニン5.0g
ケイヒ4.0g
カンゾウ1.5g

問214(実務)
この漢方処方について
薬剤師が留意すべき点として
誤っているのはどれか。1 つ選べ。

1 浮腫が出現することがある。

2 動悸を起こすことがある。

3 発汗を促すため、水分補給が必要である。

4 高カリウム血症を起こすことがある。

5 甲状腺機能亢進症の患者には
慎重に投与する必要がある。


問215(物理・化学・生物)
この処方に含まれる
それぞれの生薬の主成分A~Dに関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。


1 化合物Aは、芳香をもつ精油成分であり
化合物名は2-phenyl-1-propenalである。

2 化合物Bは、ステロイド代謝酵素を
活性化し低カリウム血症を起こす。

3 化合物Cは、4種の立体異性体のうち
最も強い交感神経興奮作用を示す。

4 化合物Dは、加水分解を受けると
グルコース2分子、ベンズアルデヒド
及び青酸を生じる。





問216-217 
55歳女性。
身長160cm、体重70kg。

起床時右手が思うように動かなくなり
救急外来を受診した。
CT 検査にてアテローム血栓性
脳梗塞と診断され
院にて急性期治療を受けた。

この患者の血液検査データは
以下の通りである。
た、医師は重篤な
腎障害があると判断した。

クレアチニンクリアランス20mL/min
BUN 40mg/dL
ALT 7.1U/L、
AST 12.5U/L
γ-GTP 10.0U/L
血小板数20× 104/μL

問216(実務)
以下は、退院時の
再発抑制のための薬物である。
この患者への投与が
適切でないのはどれか。1 つ選べ。
なお、退院直前の検査データは
入院時と大きな変化はなかった。

1 シロスタゾール
2 ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩
3 チクロピジン塩酸塩
4 低用量アスピリン
5 クロピドグレル硫酸塩


問217(物理・化学・生物)
脳塞の発症には
血小板凝集反応が関与するものがある。
この反応に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 トロンボキサン A2
血管内皮細胞から放出され
血小板凝集を抑制する。

2 損傷した血管壁内から
露出したコラーゲンは
血小板凝集を抑制する。

3 活性化された血小板どうしは
フィブリノーゲンを介して結合する。

4 プロスタグランジン I2
活性化された血小板から放出され
血小板凝集を促進する。

5 ADP(アデノシン5’-二リン酸)は
活性化された血小板から放出され
血小板凝集を促進する。





問218-219 
65歳女性。
B細胞性非ホジキンリンパ腫と診断され、
本日より外来にて R-CHOP 療法
施行のため来院した。
診察後、以下の薬剤が処方された。

(処方)
プレドニゾロン錠5mg 
1回20錠(1日20錠)
1日1回昼食後5日分

イブプロフェン錠200mg 
1回1錠(1日1錠)
点滴開始30分前1回分

d-クロルフェニラミン
マレイン酸塩錠2mg 
1回3錠(1日3錠)
点滴開始30分前1回分

【R-CHOP 療法:CHOP 療法
(シクロホスファミド水和物、ドキソルビシン塩酸
ビンクリスチン硫酸塩、プレドニゾロン)に
リツキシマブを加えたがん化学療法の1つ】

問218(実務)
この薬物療法を初めて受ける
患者への指導内容として適切でないのはどれか。
1 つ選べ。
1 人ごみへの外出は避け
外出から戻ったときは
うがいや手洗いをしてください。

2 体がだるく感じたときには
プレドニゾロン錠の服用を中止できます。

3 吐き気があるときは
食べられるものを少量ずつ
食べるようにしてください。

4 インフュージョンリアクションを回避するため
解熱剤と抗アレルギー薬が処方されています。

5 本治療により脱毛が起こることがあります。


問219(物理・化学・生物)
下図は
免疫グロブリンG(IgG)の模式図である。
R-CHOP 療法に用いられる
リツキシマブに該当するのはどれか。
1 つ選べ。






問 220-221 
薬剤師は疾病予防にも関わるべきであり
ワクチンに関する知識を深める 必要がある。


問 220(実務) 
薬剤師として知っておくべき
ワクチンに関する記述のうち
誤っているのはどれ か。 1 つ選べ。

1 麻疹、風疹、水痘及びおたふくかぜの
ワクチン接種不適当者には妊婦が含まれ る。 

2 B型肝炎ワクチンは
抗体価を検査しながら複数回接種することがある。

3 副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤を
服用している患者では
生ワクチンの接種 ができない場合がある。 

4 インフルエンザワクチンは
卵アレルギーの人に対しては
注意して接種する。 

5 結核に対する抗体がない場合は
ツベルクリンを接種する。


問 221(物理・化学・生物) 
予防接種に用いる抗原(ワクチン)
に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2 つ選べ。

1 ウイルスに対する生ワクチンは
接種後の免疫応答能を高めるため
天然に存 在するウイルスの毒性を
より高めたものである。 

2 我が国における
インフルエンザワクチンの主成分は
ウイルスから分離・精製 した
ノイラミニダーゼを不活化したものである。 

3 ワクチンの中には
病原体構成成分の組換え体タンパク質を
主成分とするもの がある。 

4 トキソイドは
病原体が産生する毒素を
免疫原性を残したまま
無毒化したも のである。





問222-223 
フィラデルフィア染色体陽性
急性リンパ性白血病と診断を受けた患者が
イマチニブメシル酸塩錠の服用を始めたが
効果が不十分であった。

そのため、他の薬剤に
切り換えることとなった。

問222(実務)
切り換えの薬物として
推奨されるのはどれか。1 つ選べ。

1 ゲフィチニブ
2 ソラフェニブトシル酸塩
3 ダサチニブ水和物
4 クリゾチニブ
5 エルロチニブ塩酸塩


問223(物理・化学・生物)
フィラデルフィア染色体が形成される
変異の分類として正しいのはどれか。
1 つ選べ。

1 置換
2 欠失
3 逆位
4 挿入
5 転座





問224-225 
65歳女性。
以下の処方箋をもって保険薬局を訪れた。

(処方)
アレンドロン酸経口ゼリー剤 35mg 
1回1包(1日1包)
週1回起床時4日分
水約 180mL とともに服用


問224(実務)
この患者に対する薬剤師の指導として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 よく噛めば、水なしで服用しても
構いません。

2 症状を悪化させないために
毎日無理のない軽い運動を心がけてください。

3 日常生活において
乳製品や緑黄色野菜をとるように心がけてください。

4 起床時に飲み忘れたら
就寝時に服用してください。


問225(物理・化学・生物)
骨代謝に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 骨芽細胞は、コラーゲンを
細胞外へ分泌する。

2 骨細胞は未分化細胞であり
増殖能を有する。

3 破骨細胞は、アルカリ性ホスファターゼを
細胞外へ分泌する。

4 副甲状腺(上皮小体)ホルモンは
破骨細胞の働きを減弱させる。

5 1α,25-ジヒドロキシビタミンD3 
(活性型ビタミンD3)は
小腸からの Ca2+ の吸収を促進する。