薬剤 必須





問41 
消化管からの吸収率が最も高い薬物はどれか。
1つ選べ。

1 インスリン
2 ゲンタマイシン
3 スキサメトニウム
4 セファレキシン
5 バンコマイシン





問42
薬物の乳汁移行性について正しい記述はどれか。
1つ選べ。

1 乳汁は血漿に比べて塩基性であるため
弱酸性薬物は乳汁中に移行しやすい。

2 乳汁は血漿に比べて塩基性であるため
弱塩基性薬物は乳汁中に移行しやすい。

3 乳汁は血漿に比べて酸性であるため
弱塩基性薬物は乳汁中に移行しやすい。

4 乳汁は血漿に比べて酸性であるため
弱酸性薬物は乳汁中に移行しやすい。

5 乳汁と血漿の pH は同じであるため
薬物が弱酸性あるいは弱塩基性であることは
乳汁移行性に影響を及ぼさない。




問43
一般に、薬物の水溶性が低下する代謝反応はどれか。
1つ選べ。

1 アルキル側鎖の水酸化
2 N-脱アルキル化
3 エステルの加水分解
4 グルクロン酸抱合
5 アセチル抱合




問44
腎クリアランス (CLr) と糸球体ろ過速度 (GFR)
分泌クリアランス (CLs) 、再吸収率 (FR) の関係を
正しく表しているのはどれか。1つ選べ。

ただし、fu は血漿中タンパク非結合形分率を示すものとする。

1 CLr = fu・GFR + CLs - FR
 CLr = fu・GFR + CLs + FR
 CLr = fu・GFR - CLs + FR
 CLr = (fu・GFR + CLs)・( 1 - FR )
 CLr = (fu・GFR + CLs) ・FR





問45
体内動態が
線形 1 - コンパートメントモデルに
従う薬物を経口投与した場合
最高血中濃度到達時間が遅延する
原因として正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 吸収速度定数の増大
2 投与量の低下
3 分布容積の低下
4 消失速度定数の低下
5 吸収率の増大





問46 
全身クリアランスが 50 L/h である薬物を
10 mg/h の速度で点滴静注した場合の
定常状態における血中濃度 (μg/mL) に最も近い値はどれか。
1つ選べ。

1 0.2
2 0.5
3 2
4 5
5 50





問47 血中薬物濃度に基づく
治療薬物モニタリング(TDM)において
効果発現と副作用リスクの指標として
トラフ値とピーク値の測定が推奨される薬物はどれか。
1 ゲンタマイシン
2 タクロリムス
3 フェノバルビタール
4 ジゴキシン
5 リドカイン





問48 陽イオン性界面活性剤に
分類されるのはどれか。1つ選べ。
1 デオキシコール酸ナトリウム
2 ベンゼトニウム塩化物
3 ホスファチジルコリン(レシチン)
4 ラウリル硫酸ナトリウム
5 ラウロマクロゴール





問49 
不揮発性の電解質を
溶解させた希薄水溶液において
溶質の濃度上昇とともに
値が減少するのはどれか。
1 つ選べ。

1 イオン強度
2 凝固点
3 沸点
4 浸透圧
5 溶質のモル分率





問50 
有効成分を臼歯と頬の間で
徐々に溶解させ、口腔粘膜か
吸収させる剤形はどれか。1 つ選べ。

1 口腔内崩壊錠
2 発泡錠
3 チュアブル錠
4 舌下錠
5 バッカル錠




問51 
医薬品の酸化を防ぐために
加えられる添加剤はどれか。
1つ選べ。

1 結晶セルロース
2 アスコルビン酸
3 ステアリン酸マグネシウム
4 ショ糖
5 パラオキシ安息香酸ブチル





問52 
噴出する圧縮空気の
気流により粒子を加速させて
粒子どうしあるいは
粒子と容器壁との衝突により
粒子を微細化する粉砕機はどれか。
1つ選べ。

1 ローラーミル
2 ボールミル
3 コロイドミル
4 ジェットミル
5 ハンマーミル





問53 
静脈内に投与する注射剤に
用される日本薬局方一般試験法はどれか。
1 つ選べ。

1 崩壊試験法
2 溶出試験法
3 エンドトキシン試験法
4 制酸力試験法
5 摩損度試験法




問54 
日本薬局方において
腸溶性製剤の崩壊試験に用いられる
崩壊試験第 1 液と崩壊試験第 2 液の
pH の組合せとして、正しいのはどれか。
1 つ選べ。





問55 
マトリックス型放出制御製剤からの
薬物放出がHiguchi式に従うとき
時間tまでの単位面積当たりの
累積薬物放出量について
正しい記述はどれか。1 つ選べ。

1 t に比例する。
2 t の平方根に比例する。
3 t の立方根に比例する。
4 t に反比例する。
5 t の平方根に反比例する。
6 t の立方根に反比例する。