101-41~101-55 解説一覧


問41 
消化管からの吸収率が最も高い薬物はどれか。
1つ選べ。

1 インスリン
2 ゲンタマイシン
3 スキサメトニウム
4 セファレキシン
5 バンコマイシン


本問は
消化管からの吸収率について
知っているか、ではなく

各薬剤についての
基本的知識を基に
各選択肢について考察することが
期待されていると考えられます。


選択肢 1 ですが
インスリンは、ペプチドホルモンです。
そのため、消化管では分解されます。
吸収率は低いと考えられます。

また
インスリンは注射剤で
見慣れていると思います。

注射である理由としては
経口では吸収が悪いからであろう
と考えることもできます。



選択肢 2 ですが 
ゲンタマイシンは アミノグリコシド系抗生物質です。 
アミノグリコシド系なので 吸収は悪いと考えられます。 

(知識として、アミノグリコシド系が 
消化管吸収が悪い と思い出せなかった場合は 
あくまでもその場での推測で
 「アミノ酸+糖 なので 経口では分解されそう」 
→吸収率低そう と考えても
よいのでは ないかと思います。) 


選択肢 3 ですが
スキサメトニウムは
四級アンモニウムの筋弛緩薬です。
イオンなので、細胞膜を通過せず
吸収されないだろうと考えられます。



選択肢 4 ですが
セファレキシンは
経口第一世代セフェム系抗生物質です。

セフェム系薬は
ケフラール、フロモックス、メイアクトなど
錠剤や粉を見慣れていると思います。

これらは、経口で用いられているため
吸収率は低くはないと考えられます。



選択肢 5 ですが バンコマイシンは 
グリコペプチド系抗菌薬です。
 グリコペプチド系なので 吸収は悪いと考えられます。 

(選択肢 2 と同様に 
知識としてグリコペプチド系が 
消化管吸収が悪い と思い出せなかった場合は 
あくまでもその場での推測で 
「ペプチド+糖 なので 経口では分解されそう」 
→吸収率低そう と考えても
よいのでは ないかと思います。)



以上より、正解は 4 です。



問42
薬物の乳汁移行性について正しい記述はどれか。
1つ選べ。

1 乳汁は血漿に比べて塩基性であるため
弱酸性薬物は乳汁中に移行しやすい。

2 乳汁は血漿に比べて塩基性であるため
弱塩基性薬物は乳汁中に移行しやすい。

3 乳汁は血漿に比べて酸性であるため
弱塩基性薬物は乳汁中に移行しやすい。

4 乳汁は血漿に比べて酸性であるため
弱酸性薬物は乳汁中に移行しやすい。

5 乳汁と血漿の pH は同じであるため
薬物が弱酸性あるいは弱塩基性であることは
乳汁移行性に影響を及ぼさない。


脂溶性が高い、分子量が 200 以下
弱塩基性薬物(例:キニジン) など
乳汁中に移行しやすいことが知られています。

その理由は
「乳汁に移行しやすく、血漿に戻りにくい」

→血漿中で「分子型」で細胞膜を通過し
乳汁において「イオン型」となっていれば
乳汁に移行しやすく、かつ、留まりやすい。

→「弱塩基性薬物 が
イオン型となるような環境」
=「酸性」。

つまり、乳汁の方が酸性。
と考えられます。


したがって、正解は
「乳汁中が酸性 なので
弱塩基性薬物が 移行しやすい」 です。


正解は 3 です。


※本問題は
1:「乳汁の方が、血漿よりも酸性」 か
2:「乳汁中に移行しやすい薬物は弱塩基性」
の どちらかを知識としてしっていれば
あとは考察するとよい問題です。

共に 知らなかった場合も
選択肢 2,4 では、不合理として
選択肢 1,3 5 から選びたい問題です。



問43
一般に、薬物の水溶性が低下する代謝反応はどれか。
1つ選べ。

1 アルキル側鎖の水酸化
2 N-脱アルキル化
3 エステルの加水分解
4 グルクロン酸抱合
5 アセチル抱合



選択肢 1 ですが
アルキル側鎖とは「-CH3 」 などです。
これが、-OH となるので
水溶性は上昇します。


選択肢 2 ですが
N-アルキルとは「N-CH3 」 などです。
これが「N-H」などになるので
水溶性は上昇します。


選択肢 3 ですが
R-COO-R が
R-COOH になるので
水溶性は上昇します。


選択肢 4 ですが
グルクロン酸は、水にとてもよく溶けます。
(構造を覚えていれば、糖の一種で
複数の OH 基があることから
推測できると思います。)

グルクロン酸抱合とは、元の化合物に
グルクロン酸がくっつく反応なので
水溶性は高まります。


選択肢 5 ですが
アセチル基とは -COCH3 です。
水溶性は低下すると考えられます。 


以上より、正解は 5 です。



問44
腎クリアランス (CLr) と糸球体ろ過速度 (GFR)
分泌クリアランス (CLs) 、再吸収率 (FR) の関係を
正しく表しているのはどれか。1つ選べ。

ただし、fu は血漿中タンパク非結合形分率を示すものとする。

1 CLr = fu・GFR + CLs - FR
 CLr = fu・GFR + CLs + FR
 CLr = fu・GFR - CLs + FR
 CLr = (fu・GFR + CLs)・( 1 - FR )
 CLr = (fu・GFR + CLs) ・FR


腎臓での薬物の流れをイメージすると
1:糸球体によるろ過を受けて ポタポタ。
この時通過するのは「タンパク非結合」の薬物。
→「fu・GFR」 と表される。

2:分泌による、薬物量の増加。
→「+CLs」 と表される。

3:再吸収されたら、血液に戻る。
腎臓から排出はされない。
腎臓から排出されるのは
再吸収されなかった薬物。
→「×( 1-FR )」

とそれぞれ表されると考えられます。


以上をふまえ、各選択肢を検討すると
選択肢 1,2,3 は
FRを引いたり足したりしているので
誤りです。

選択肢 3 は、CLs を引いている点も
誤りです。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。


選択肢 5 は
FR をそのままかけており
これは、血液に再吸収される量
(再吸収クリアランス とでも
いえるのか・・・?)を表しています。
腎クリアランスとしては誤りです。



以上より、正解は 4 です。



問45
体内動態が
線形 1 - コンパートメントモデルに
従う薬物を経口投与した場合
最高血中濃度到達時間が遅延する
原因として正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 吸収速度定数の増大
2 投与量の低下
3 分布容積の低下
4 消失速度定数の低下
5 吸収率の増大


経口投与での
1-コンパートメントモデルなので
「吸収コンパートメント」 と
「中心コンパートメント」 が仮定されます。

はじめはどんどん
吸収→中心 へと薬物が移行します。
中心からは、薬物が少しずつ体外へ排出されます。

最高血中濃度に到達するのは
吸収コンパートメントにおいて
だんだん薬物が少なくなり
吸収側→中心側 へと薬物が移行する速度が
中心側→体外へ排出 する速度と等しくなる時です。

それ以降は
中心側→体外へ排出 する速度の方が大きくなり
血中濃度はだんだん減少していきます。

経口投与の1コンパートメントなので
『tmax = ln(ka/ke)/(ka - ke)』 が公式でポイントです。

式の中にある変数が ka(吸収速度定数), ke (消失速度定数)なので
ka,ke が変化した時に tmax は変化します。
以上をふまえて、各選択肢を検討します。


選択肢 2,5 は変化しない選択肢です。
投与量、吸収率が変化しても、ka,ke は変化しません。
よって、tmax も変化しません。
 

選択肢 1 ですが
ka が増えると tmax は減ります。
吸収速度定数が増えているのだから
急速に血中濃度が上がって、Cmax に到達するだろうと考えられるためです。
Cmax 到達が速くなれば、tmax は短くなります。


選択肢 3 ですが
CL = ke・Vd なので、Vd が低下すると、CL↓や ke ↑ が考えられます。
もしも ke↑となると、tmax は短くなります。
また、必ずしも ke ↑と判断することもできません。
よって、選択肢 3 は正解ではありません。


以上より、選択肢 4 が正解です。
ke が低下すれば、なかなか消失できないため、
吸収側→中心側 へと薬物が移行する速度が
中心側→体外へ排出 する速度と等しくなる時間が遅くなると考えられます。
すなわち、tmax が大きくなります。


以上より、正解は 4 です。



問46 
全身クリアランスが 50 L/h である薬物を
10 mg/h の速度で点滴静注した場合の
定常状態における血中濃度 (μg/mL) に最も近い値はどれか。
1つ選べ。

1 0.2
2 0.5
3 2
4 5
5 50


定常状態の血中濃度 ときたら
「D (投与量) ÷ CL (クリアランス)」 を
思い出します。

参考
(※ 投与間隔( τ (タウ))があったら


本問では
クリアランスと、薬物の投与速度が
与えられています。

答えの単位(μg/mL) と、与えられている
クリアランス及び薬物投与速度の
単位があっていないので
単位を揃えた上で計算します。


まず、クリアランスですが
単位を mL が表れるように直します。

1L = 1000 mL なので
50 L/h
= 50000 mL/h です。


次に、投与速度ですが
単位を μg が表れるように直します。

1mg = 1000 μg なので
10 mg/h 
= 10000 μg/h です。


以上より、求める血中濃度は
10000/50000 = 0.2 μg/mL です。


正解は 1 です。



問47 血中薬物濃度に基づく
治療薬物モニタリング(TDM)において
効果発現と副作用リスクの指標として
トラフ値とピーク値の測定が推奨される薬物はどれか。
1 ゲンタマイシン
2 タクロリムス
3 フェノバルビタール
4 ジゴキシン
5 リドカイン


TDM において
トラフとピーク両方の測定が推奨される
代表的な薬は
アミノグリコシド系抗生物質です。

(アミノグリコシド系抗生物質の
TDMにおいて
トラフは、副作用防止のため。
ピークは、ちゃんと効果が出るように測定します。)

選択肢の中では
ゲンタマイシンが該当します。


したがって、正解は 1 です。



ちなみに、他の選択肢も
すべて TDM の対象となる薬です。


選択肢 2 のタクロリムスは
全血中 5 ~ 20 ng/mL が目安です。

シクロスポリンとタクロリムスは
血球成分にも分布するので
全血でTDM というのがポイントです。


選択肢 3 ですが
フェノバルビタールは
血漿中 10 ~ 25 μg/mL が目安です。


選択肢 4 ですが
ジゴキシンは
血漿中 0.5 ~ 2.0 ng/mL が目安です。


選択肢 5 ですが
リドカインは
血漿中 2~5 μg/mL が目安です。



問48 
陽イオン性界面活性剤に
分類されるのはどれか。1つ選べ。

1 デオキシコール酸ナトリウム
2 ベンゼトニウム塩化物
3 ホスファチジルコリン(レシチン)
4 ラウリル硫酸ナトリウム
5 ラウロマクロゴール



界面活性剤は、イオン性と非イオン性に
大きく分類されます。

イオン性界面活性剤は更に
陽イオン性、陰イオン性、両性 に
分類されます。


それぞれの代表例は
以下のとおりです。

・陽イオン性・・・ベンザルコニウム塩化物 など
※名前が、~塩化物 であれば
構造が 「?-Cl 」 なので
水に溶けた時「?」になるだろう と考えれば
陽イオン性であると推測できます。

・陰イオン性・・・ラウリル硫酸ナトリウム など
※名前が、~ナトリウム であれば
構造が「?-Na」 なので
水に溶けた時「?」になるだろう と考えれば
陰イオン性であると推測できます。

・両性・・・レシチン


・非イオン性・・・ラウロマクロゴール、Span、Tween など
※ イオン性を覚えておいて
あまりにも似ていない名前は
非イオン性 と考えると、ほぼ大丈夫です。



以上をふまえると
選択肢 1,4 は
陰イオン性界面活性剤です。

選択肢 2 は
陽イオン性界面活性剤です。

選択肢 3 は
両性界面活性剤です。

選択肢 5 は
非イオン性界面活性剤です。


正解は 2 です。



問49 
不揮発性の電解質を
溶解させた希薄水溶液において
溶質の濃度上昇とともに
値が減少するのはどれか。
1 つ選べ。

1 イオン強度
2 凝固点
3 沸点
4 浸透圧
5 溶質のモル分率


選択肢 1 ですが
イオン強度とは
溶液中の全てのイオンに対し
モル濃度と電荷の2乗を
掛けあわせたものの和の半分です。

電解質 というのは
例えば NaCl です。
この濃度が上昇すれば
モル濃度が上昇するので
イオン強度は大きくなります。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。

束一的性質の一つとして
凝固点降下があります。
溶質の濃度上昇に比例して
凝固点が降下します。


選択肢 3 ですが
束一的性質の一つとして
沸点上昇があります。
沸点は、溶質の濃度上昇に伴い
上昇するため、減少ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
束一的性質の一つとして
浸透圧上昇があります。
減少では、ありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 ですが
溶質が増えるのだから
モル分率も増えます。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 2 です。



問50 
有効成分を臼歯と頬の間で
徐々に溶解させ、口腔粘膜か
吸収させる剤形はどれか。1 つ選べ。

1 口腔内崩壊錠
2 発泡錠
3 チュアブル錠
4 舌下錠
5 バッカル錠


選択肢 1 は
いわゆる OD 錠です。
口に入れたら、水なしで溶ける剤形です。

頬のところで徐々に溶解させて
吸収させる、ということはありません。


選択肢 2 ですが
発泡錠は、水分によって
炭酸ガスを発生して発泡し
速やかに崩壊する錠剤です。

頬のところで徐々に溶解 といった
しろものでは、ありません。


選択肢 3 ですが
チュアブル錠は、ボリボリ噛み砕く
錠剤です。

頬のところで徐々に溶解 という
タイプではありません。


選択肢 4 ですが
舌下錠は、字面の通り
ベロの、下です。
頬の所ではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい記述です。
フェンタニル(イーフェン)が
代表的バッカル錠です。


以上より、正解は 5 です。



問51 
医薬品の酸化を防ぐために
加えられる添加剤はどれか。
1つ選べ。

1 結晶セルロース
2 アスコルビン酸
3 ステアリン酸マグネシウム
4 ショ糖
5 パラオキシ安息香酸ブチル


選択肢 1 ですが
結晶セルロースは
結合剤などに用いられます。
酸化防止剤では、ありません。

97-51 で語っているので
参考にしてください。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。

アスコルビン酸=ビタミン C です。
酸化防止剤として用いられます。


選択肢 3 ですが
ステアリン酸マグネシウムは
代表的な滑沢剤です。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
ショ糖は、流動性を上げるために
用いられることがあります。
酸化防止剤では、ありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
パラオキシ安息香酸ブチルは
安定剤、防腐剤などに用いられます。
酸化防止剤では、ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 2 です。



問52 
噴出する圧縮空気の
気流により粒子を加速させて
粒子どうしあるいは
粒子と容器壁との衝突により
粒子を微細化する粉砕機はどれか。
1つ選べ。

1 ローラーミル
2 ボールミル
3 コロイドミル
4 ジェットミル
5 ハンマーミル


「噴出する圧縮空気の気流」
に該当するのは

ローラー ではなく
ボール でもなく
ハンマー でもない、ということは
イメージできると思います。

残りは
コロイドか、ジェットです。

語感では
ジェットではないでしょうか。


ちなみに、コロイドミルとは
超微粒にする粉砕機の総称です。

固体粒子を液体とともに
極めて接近して回転する2つの面の間に
流しこむことで、微粉化、液中への分散を
実現します。

これにより「コロイド状態の粉」ができる
というわけです。
※もはや細かくて、固体ですらない!


以上より、
正解は 4 です。



問53 
静脈内に投与する注射剤に
用される日本薬局方一般試験法はどれか。
1 つ選べ。

1 崩壊試験法
2 溶出試験法
3 エンドトキシン試験法
4 制酸力試験法
5 摩損度試験法


選択肢 1,2,5  ですが
崩壊試験や溶出試験は
錠剤等に対して行います。
固体が対象です。

また、摩損度試験は
錠剤が対象です。

どれも、液体である注射剤に対する
試験では、ありません。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。

ただし、皮内、皮下、筋肉内投与の場合は
エンドトキシン試験法の適用が除かれている点は
注意が必要です。

参考) 100-177


選択肢 4 ですが
制酸力試験とは
胃において酸と反応し、制酸作用を示す
医薬品の制酸力を求める試験法のことです。

具体的には
塩酸と反応させて、消費量で示します。

注射剤は、ダイレクトに静脈血へ入るので
制酸力試験は不要と考えられます。

よって、選択肢 4 は誤りです。


以上より、正解は 3 です。



問54 
日本薬局方において
腸溶性製剤の崩壊試験に用いられる
崩壊試験第 1 液と崩壊試験第 2 液の
pH の組合せとして、正しいのはどれか。
1 つ選べ。



腸溶性製剤の崩壊試験なので
「胃で溶けず、腸では溶ける」ことを
試験します。

つまり
胃液を模した1液で溶けず
腸液を模した2液で溶けることを試験します。


胃液は酸性 かつ
主成分が塩酸(強酸)であることは
前提知識です。

胃液を模すので
第 1 液の pH は 1 付近の
かなり強い酸性と考えられます。
従って、正解は 1 or 2 です。


腸液は弱アルカリ性と
考えられます。
pH 9.5 では少しアルカリ性が強く
それで崩壊したからといって
腸液で溶けると判断することが難しいと
考えられます。

よって、第 2 液の pH としては
6.8 が妥当であると判断します。


以上より、正解は 1 です。



問55 
マトリックス型放出制御製剤からの
薬物放出が Higuchi 式に従うとき
時間 t までの単位面積当たりの
累積薬物放出量について
正しい記述はどれか。1 つ選べ。

1 t に比例する。
2 t の平方根に比例する。
3 t の立方根に比例する。
4 t に反比例する。
5 t の平方根に反比例する。
6 t の立方根に反比例する。


Higuchi 式は、以下の通りです。
※ Q:単位面積当たりの累積薬物放出量
※ D:拡散定数
※ A:マトリックス中の薬物の全濃度、Cs:溶解度
※ t:時間

従って、時間の平方根に比例します。


よって、正解は 2 です。