問101-42 解説





問42
薬物の乳汁移行性について正しい記述はどれか。
1つ選べ。

1 乳汁は血漿に比べて塩基性であるため
弱酸性薬物は乳汁中に移行しやすい。

2 乳汁は血漿に比べて塩基性であるため
弱塩基性薬物は乳汁中に移行しやすい。

3 乳汁は血漿に比べて酸性であるため
弱塩基性薬物は乳汁中に移行しやすい。

4 乳汁は血漿に比べて酸性であるため
弱酸性薬物は乳汁中に移行しやすい。

5 乳汁と血漿の pH は同じであるため
薬物が弱酸性あるいは弱塩基性であることは
乳汁移行性に影響を及ぼさない。


脂溶性が高い、分子量が 200 以下
弱塩基性薬物(例:キニジン) など
乳汁中に移行しやすいことが知られています。

その理由は
「乳汁に移行しやすく、血漿に戻りにくい」

→血漿中で「分子型」で細胞膜を通過し
乳汁において「イオン型」となっていれば
乳汁に移行しやすく、かつ、留まりやすい。

→「弱塩基性薬物 が
イオン型となるような環境」
=「酸性」。

つまり、乳汁の方が酸性。
と考えられます。


したがって、正解は
「乳汁中が酸性 なので
弱塩基性薬物が 移行しやすい」 です。


正解は 3 です。


※本問題は
1:「乳汁の方が、血漿よりも酸性」 か
2:「乳汁中に移行しやすい薬物は弱塩基性」
の どちらかを知識としてしっていれば
あとは考察するとよい問題です。

共に 知らなかった場合も
選択肢 2,4 では、不合理として
選択肢 1,3 5 から選びたい問題です。