問101-47 解説





問47 血中薬物濃度に基づく
治療薬物モニタリング(TDM)において
効果発現と副作用リスクの指標として
トラフ値とピーク値の測定が推奨される薬物はどれか。

1 ゲンタマイシン
2 タクロリムス
3 フェノバルビタール
4 ジゴキシン
5 リドカイン


TDM において
トラフとピーク両方の測定が推奨される
代表的な薬は
アミノグリコシド系抗生物質です。

(アミノグリコシド系抗生物質の
TDMにおいて
トラフは、副作用防止のため。
ピークは、ちゃんと効果が出るように測定します。)

選択肢の中では
ゲンタマイシンが該当します。


したがって、正解は 1 です。



ちなみに、他の選択肢も
すべて TDM の対象となる薬です。


選択肢 2 のタクロリムスは
全血中 5 ~ 20 ng/mL が目安です。

シクロスポリンとタクロリムスは
血球成分にも分布するので
全血でTDM というのがポイントです。


選択肢 3 ですが
フェノバルビタールは
血漿中 10 ~ 25 μg/mL が目安です。


選択肢 4 ですが
ジゴキシンは
血漿中 0.5 ~ 2.0 ng/mL が目安です。


選択肢 5 ですが
リドカインは
血漿中 2~5 μg/mL が目安です。