問101-49 解説


問49 
不揮発性の電解質を
溶解させた希薄水溶液において
溶質の濃度上昇とともに
値が減少するのはどれか。
1 つ選べ。

1 イオン強度
2 凝固点
3 沸点
4 浸透圧
5 溶質のモル分率


選択肢 1 ですが
イオン強度とは
溶液中の全てのイオンに対し
モル濃度と電荷の2乗を
掛けあわせたものの和の半分です。

電解質 というのは
例えば NaCl です。
この濃度が上昇すれば
モル濃度が上昇するので
イオン強度は大きくなります。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。

束一的性質の一つとして
凝固点降下があります。
溶質の濃度上昇に比例して
凝固点が降下します。


選択肢 3 ですが
束一的性質の一つとして
沸点上昇があります。
沸点は、溶質の濃度上昇に伴い
上昇するため、減少ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
束一的性質の一つとして
浸透圧上昇があります。
減少では、ありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 ですが
溶質が増えるのだから
モル分率も増えます。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 2 です。