問101-54 解説


問54 
日本薬局方において
腸溶性製剤の崩壊試験に用いられる
崩壊試験第 1 液と崩壊試験第 2 液の
pH の組合せとして、正しいのはどれか。
1 つ選べ。



腸溶性製剤の崩壊試験なので
「胃で溶けず、腸では溶ける」ことを
試験します。

つまり
胃液を模した1液で溶けず
腸液を模した2液で溶けることを試験します。


胃液は酸性 かつ
主成分が塩酸(強酸)であることは
前提知識です。

胃液を模すので
第 1 液の pH は 1 付近の
かなり強い酸性と考えられます。
従って、正解は 1 or 2 です。


腸液は弱アルカリ性と
考えられます。
pH 9.5 では少しアルカリ性が強く
それで崩壊したからといって
腸液で溶けると判断することが難しいと
考えられます。

よって、第 2 液の pH としては
6.8 が妥当であると判断します。


以上より、正解は 1 です。



問題へ戻る