問101-270271 解説


問270-271 
腫瘍内科カンファレンスにおいて
薬剤師が抗腫瘍薬の治療薬物モニタリング
(TDM)に関する以下の説明を行った。

「この薬物は特定薬剤治療管理料算定が
認められている抗腫瘍薬です。
経口投与で用いられ
定められた最小有効トラフ濃度を
超えていることをTDM によって
認することが望ましいです。」

問270(実務)
この抗腫瘍薬に
該当するのはどれか。1 つ選べ。

1 イマチニブメシル酸塩
2 ゲムシタビン塩酸塩
3 ドキソルビシン塩酸塩
4 ペメトレキセドナトリウム水和物
5 メトトレキサート



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
イマチニブ(グリベック)は
Bcr - Abl をターゲットとする分子標的薬です。
TDM 対象薬で、トラフ値を見ます。


選択肢 2 ですが
ゲムシタビン(ジェムザール)は
DNA 鎖に取り込まれることで
DNA 合成を阻害する抗がん剤です。
注射剤です。経口では、ありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
ドキソルビシン(アドリアシン)は
DNA の塩基対間に挿入されて
DNA 合成抑制作用を示します。
副作用として、心毒性が知られています。
注射剤です。経口では、ありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
ペメトレキセド(アリムタ)は
複数の葉酸代謝酵素を同時に阻害することで
DNA 合成を阻害します。
注射剤です。経口では、ありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 ですが
メトトレキサートの TDM は
大量投与時の、副作用回避が目的です。
一定時間ごとに、濃度が高すぎないかを
チェックします。
トラフ値の確認では、ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1 です。



問271(薬剤)
成人男性に対して
前問の薬物を12時間毎に
繰り返し経口投与するとき
定常状態における血中濃度の
トラフ値が1,000ng/mL となる
1回あたりの投与量はどれか。1 つ選べ。

ただし、この薬物の体内動態は
線形1-コンパートメントモデルに
従うものとし
100mg を単回経口投与したときの
最高血中濃度は400ng/mL
中消失半減期は12時間とする。

また、本剤の吸収は速やかであり
吸収にかかる時間は無視できるものとする。

1 125mg 
2 250mg 
3 375mg 
4 500mg 
5 625mg



「定常状態における最低血中濃度」は
Cssmin = D/Vd (e-ke・τ/1 - e-ke・τ)です。


・Vd = D/C0 より
Vd = 100(mg)/400(ng/mL)  です。

単位に注意します。
まず、400 ng/mL = 400 μg/L です。
そして、mg に合わせると 
400 μg/L = 0.4 mg/L です。

よって、Vd = 100/0.4 = 250 (L) です。


・T1/2 = ln2/ke です。 ln2 ≒ 0.7 と近似します。
半減期が 12h なので
12 = 0.7/ke より、12ke = 0.7 です。

※定常状態における最低血中濃度を
求めるのに必要なのが「ke・τ」です。

τ は、投与間隔で 12 なので
12ke = 0.7 がわかれば OK です。


以上より、式に代入します。
Cssmin = D/250 (e-0.7/1-e-0.7
0.7 ≒ ln2 なので
e0.7 =eln2 =2 です。
よって、e-0.7 = 1/2 です。

つまり 
Cssmin = D/250 (1/2 / 1/2) = D/250 です。
Cssmin = 1000(ng/mL = μg/L) になればいいので
D = 250000 μg = 250mg です。


以上より、正解は 2 です。


補足
本問で
「定常状態の最低血中濃度」の式が
わからなかった場合は

「定常状態の平均血中濃度」の式
Css=(D/τ)/CL を使って考えるとよいと思います。
(こっちは、超重要で、頻出知識。
正直、最低血中濃度の式は、覚えてませんでした。。)

最低血中濃度が 1000 なら、最高が 2000 で
Cssが、大体 1500 だろうと考えて計算すると

CL = ke・Vd で、大体 15 と
求めることができるので
1500 = (D/12)/15 より
D ≒ 270 で、一番近い選択肢として 
2 を選ぶことができると思います。