問101-272273 解説


問272-273
58歳男性。
本態性高血圧症及び狭心症に対して
外来で薬物治療を受けていたが
急に症状が悪化したため入院となった。

薬剤師が面談し
薬物の使用状況等について尋ねたところ
めまいや、一過性の意識障害などの
症状が現れることが時々あったため
最近になって自己判断で
服薬を止めていたことが判明した。


問272(実務)
この患者が服用していた薬物として
最も可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。

1 アリスキレンフマル酸塩
2 エナラプリルマレイン酸塩
3 カンデサルタンシレキセチル
4 ニフェジピン
5 フロセミド


選択肢は、全て降圧薬です。
狭心症があるから
Ca 拮抗薬が一番可能性が
高いと考えられます。


各薬剤は
アリスキレン(ラジレス)→直接的レニン阻害薬
エナラプリル(レニベース)→ACE 阻害薬
カンデサルタン(ブロプレス)→ATⅡ拮抗薬
ニフェジピン(アダラート)→Ca 拮抗薬
フロセミド(ラシックス)→ループ利尿薬
です。


以上より
正解は 4考えられます。



問273(薬剤)
服薬中止のきっかけとなった症状は
この患者が最近摂取し始めた
食品あるいは一般用医薬品との
相互作用に起因すると考えられた。

摂取していた可能性が
最も高いのはどれか。1 つ選べ。

1 牛乳
2 鉄製剤
3 アルミニウムを含む制酸剤
4 グレープフルーツジュース
5 セントジョーンズワートを含む健康食品


選択肢の中で
ニフェジピンの副作用の
原因として考えられるのは
GFJ 摂取による
代謝酵素阻害による
血中濃度上昇です。


ちなみに
選択肢 1,2,3 ですが
牛乳中の Ca や、Fe, Al といった
金属イオンとの相互作用により

テトラサイクリン系やニューキノロン系の
抗生物質の吸収阻害が相互作用として
よく知られています。


選択肢 5 の
セントジョーンズワートは
CYP3A4 や1A2 の
酵素誘導を起こすことが
知られています。

その結果、血中濃度が減少し
薬効が減少してしまう
相互作用が知られています。



以上より、正解は 4 です。