問101-276277 解説


問276-277 
50歳女性。
2型糖尿病と診断され
内服薬で治療を行っていたが
血糖コントロール不良のため
インスリン導入目的で入院となり
以下の薬剤をペン型注入器を用いて
投与することとなった。

(処方)
皮下注射(自己注射) 
ヒトイソフェンインスリン
水性懸濁注射液(カートリッジ型)
1回4単位1日1回朝食前1本

問276(実務)
薬剤師が患者に指導する内容として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 十分に混和し、均一にしてから
使用してください。

2 注射を忘れた場合は
次回2倍量を注射してください。

3 注入ボタンを押したら
速やかに針を抜いてください。

4 腹部、大腿部、上腕部などの
投与部位を決め
その中で注射場所を毎回変えてください。


選択肢 1 は、正しい選択肢です。

懸濁注射液 を
よく混和し均一にしないと
薄い部分を投与して
効果が不十分だったり
濃い部分を投与して
効果が出すぎてしまうおそれがあります。


選択肢 2 ですが
2倍量を、もしも注射してしまうと
血糖の急激な降下による
意識消失などの危険があります。
絶対にいけません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
ペン型注入器は、痛みが少なくなるように
細い針になっています。

そのため
必要量のインスリンが完全に出るまでに
数秒程度の時間がかかります。

従って、注入ボタンを押した後は
押しっぱなしにして、数秒待ちます。
すぐに針を抜いては、いけません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。
同じ場所に続けて注射すると
皮膚が硬くなり、インスリンの
効き目が弱くなることがあります。

これを避けるために
場所を前回の注射部位から
数 cm 程度ずつずらして
注射を行うことが推奨されます。


以上より、正解は 1,4 です。



問277(薬剤)
下図は、今回処方された注射剤
(ヒトイソフェンインスリン水性懸濁注射液)と
インスリンヒト注射液を

それぞれヒトの皮下に投与した後の
インスリン血中濃度推移を示している。
処方された注射剤に該当する血中濃度推移と
この製剤の特徴に関する記述の組合せのうち
正しいのはどれか。1 つ選べ。

なお、処方された注射剤には
添加剤としてプロタミン硫酸塩が含まれている。



今回処方された注射剤の特徴は
インスリンと添加剤であるプロタミンが
「溶解性の低い複合体」を形成することで
吸収をゆっくりにした製剤である、という点です。

つまり
血中濃度はゆるやかに上がって
濃度が維持される と考えられます。
よって、血中濃度推移は、イです。
正解は4~6です。

そして
溶解性の低い複合体の形成 なので
正解は 6 です。