問101-278279 解説


問278-279 
78歳女性。
アルツハイマー型認知症と診断され
処方薬見直しのため入院していた。
退院の際、仙骨部に発赤が見つかった。

医師から家族に対し
褥瘡のリスクについて説明があり
下記の薬剤が処方された。

(処方)
ジメチルイソプロピル
アズレン軟膏0.033% 40g
1回適量 1日2回
朝就寝前仙骨部に塗布
(軟膏基剤として
白色ワセリン、精製ラノリンが含まれる。)

問278(実務)
薬剤師が、患者の家族に対し
処方された薬剤ならびに
介護上の注意点について説明した。
説明内容として適切でないのはどれか。1 つ選べ。

1 栄養状態が良くないと
褥瘡は治りにくいので
十分な栄養をとらせてください。

2 体圧分散寝具は
褥瘡の予防及び治療に有効です。

3 本剤には、創面保護効果があります。

4 本剤には、抗炎症作用があります。

5 本剤は、褥瘡からの滲出液が
多いときにも使用できます。


選択肢 1 ~ 4 は、正しい選択肢です。


選択肢 5 ですが
滲出液(しんしゅつえき)が多い場合には
マクロゴールなどの、水溶性基材が
用いられた軟膏を用いて
軟膏に液を吸収させます。

白色ワセリンは、疎水性の基材です。
精製ラノリンは、水相を欠く乳剤性基材です。
滲出液が多い場合に使用する軟膏の
基材としては、適切ではないと考えられます。


以上より、正解は 5 です。



問279(薬剤)
本剤に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 本剤3g 中に
ジメチルイソプロピルアズレンが
10mg 配合されている。

2 白色ワセリンは、水溶性基剤である。

3 精製ラノリンは、吸水能を有する。

4 2種の軟膏基剤のうち
白色ワセリンの方が強い乳化作用を示す。

5 主薬が水にほとんど溶けないことが
本軟膏基剤が選択されている
理由の1つである。


選択肢 1 ですが
0.033 % は、書き換えると
33 × 10-3  % です。

もしも、33 % で、3g だったら
中に入っているのは 1g です。

33 × 10-3 % で、3g だったら
10-3 は、「ミリ (m)」 ですので
中に入っているのは 1「m」g です。
10 mg では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
ワセリンは
代表的油脂性基材です。
水溶性基材では、ありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 は、正しい記述です。


選択肢 4 ですが
白色ワセリンは、疎水性の基材です。
精製ラノリンは、水相を欠く乳剤性基材です。
乳化作用を示すのは、精製ラノリンです。
ワセリンの方が強い作用を示すわけでは、ありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 3,5 です。