問101-280281 解説


問280-281 
初期臨床研修医に対し
緩和ケアチームの
メンバーである薬剤師が
フェンタニル製剤の特徴について
講義をしている。

問280(実務)
フェンタニル及びフェンタニル製剤に関する
説明として正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 フェンタニルは
腎機能が悪い患者には禁忌である。

2 フェンタニルは
がん性疼痛治療の他、全身麻酔にも用いられる。

3 フェンタニル貼付剤は
オピオイド導入に適する。

4 フェンタニル貼付剤を
ハサミ等で切って使用することは避ける。


選択肢 1 ですが
フェンタニルは、ほとんど肝臓で代謝されます。
腎機能が悪い患者にも使用できます。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
フェンタニル静注で、全身麻酔にも
用いられています。
※意識消失のために、他の全身麻酔も
併用されます。


選択肢 3 ですが
フェンタニル貼付剤は
原則として、内服からの変更です。
そのため、導入としては
不適切であると考えられます。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。
フェントステープなどの
フェンタニル貼付剤は
ハサミ等で切って使用してはいけません。
1枚(の薬物量)での使用が想定されています。

他にも、生活上の注意として
テープを貼っている部分が
電気パッドなどで温まらないように
注意する必要があります。
温度によって、薬剤の溶出が速くなるためです。

類題 98-283 



以上より、正解は 2,4 です。



問281(薬剤)
フェンタニル貼付剤に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 貼付部位の温度が上昇すると
フェンタニルの吸収量が増大することがある。

2 吸収されたフェンタニルは
肝初回通過効果を受ける。

3 副作用発現時には
貼付剤をはがすことで投与を中断できる。

4 急性の疼痛発作時にも有効である。

5 鎮痛効果は貼付部位周辺に限定される。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。


選択肢 2 ですが
経皮吸収により
肝初回通過効果を避けることができます。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
フェンタニルの貼付剤は
慢性の疼痛に用いる薬剤です。

急性の疼痛発作時には
短時間で効果が出る追加の鎮痛剤を用います。
これは、レスキュードーズと呼ばれます。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
フェンタニルは
皮膚から血中に吸収され
中枢性の作用を示します。

貼付部位周辺の局所作用では
ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。