問101-282283 解説


問282-283 
75歳男性。
かねてから緑内障治療のため
処方1の薬剤を使用していた。

両目が充血し、目やにも出ることから
かかりつけの眼科医を受診したところ
菌性結膜炎と診断され、
処方2が新たに追加された。

(処方1)
カルテオロール塩酸塩
点眼液1%(持続性) (2.5mL/本)1本
1回1滴1日1回夕両目点眼

(処方2)
レボフロキサシン
点眼液1.5% (5mL/本)1本
1回1滴1日3回朝昼夕両目点眼


問282(実務)
これらの処方薬の使用方法について薬
剤師が患者に指導する内容として
適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 点眼後は、数回まばたきをし
薬液が患部全体にいきわたるようにする。

2 点眼後は、目頭を圧迫する。

3 夕方の点眼時は
2剤を間隔をあけずに連続して点眼する。

4 夕方の点眼時は
処方2の薬剤を先に点眼する。


選択肢 1,2 ですが
まばたきをすると、眼の表面に
一定量の涙が送り込まれます。

すると、薬が涙の流れにのって
すぐに流れていってしまいます。

そのため、点眼後は
目を閉じ、目頭をおさえることが
推奨されます。

よって、選択肢 1 は誤りです。
選択肢 2 は、正しい記述です。


選択肢 3 ですが
夕方は、2 種類の点眼を
指す必要があります。

先に点眼した目薬を
次に点眼する目薬が
押し流してしまわぬよう

5 分程度間隔を空けて
点眼することが望ましいです。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。

カルテオロールは
1日1回の点眼でよいように
粘性を高めて
滞留性を向上させています。

そのため、先に点眼してしまうと
次の点眼の吸収に影響を与えます。
影響を避けるために
カルテオロールは後に点眼します。

つまり
レボフロキサシンを先に点眼します。


以上より、正解は 2,4 です。



問283(薬剤)
処方1の点眼液には
下記の添加剤が含まれている。
それぞれの添加剤の使用目的のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

添加剤:ベンザルコニウム塩化物
塩化ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム
無水リン酸一水素ナトリウム
水酸化ナトリウム、アルギン酸

1 ベンザルコニウム塩化物は
主薬の酸化防止剤として添加されている。

2 塩化ナトリウムは
等張化剤として添加されている。

3 リン酸二水素ナトリウムは
着色剤として添加されている。

4 水酸化ナトリウムは
保存剤として添加されている。

5 アルギン酸は、主薬の眼表面での
滞留性向上の目的で添加されている。


選択肢 1 ですが
ベンザルコニウム塩化物は
保存剤として添加されています。
酸化防止剤としてでは、ありません。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。



選択肢 3 ですが
リン酸二水素ナトリウムは
緩衝材として添加されています。
着色剤としてでは、ありません。



選択肢 4 ですが
水酸化ナトリウムは、pH 調整剤として
添加されています。
保存剤としてでは、ありません。


選択肢 5 は、正しい記述です。



以上より、正解は 2,5 です。