問101-284285 解説


問284-285 
65歳男性。
在宅で高カロリー輸液療法を
実施することとなった。

かかりつけ薬局の薬剤師が
高カロリー輸液の調製と安全使用に関する
実地研修を受けるた
病院の薬剤部を訪れた。


問284(実務)
高カロリー輸液を安全に
調製、使用するために
病院薬剤師がかかりつけ薬局の
薬剤師に行う指導として
適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 混合調製には、無菌室あるいは
クリーンベンチを使用するのが望ましい。

2 コアリング防止のため、注射針は
ゴム栓の指定位置に斜めに刺す。

3 重篤なアシドーシスの発現を
防止するため、ビタミンCを添加する。

4 高カロリー輸液用総合ビタミン剤は
投与間際に混合し、輸液バッグ全体を
遮光する。


選択肢 1 は、正しい選択肢です。
調製時に微生物が混入しないように
するためです。


選択肢 2 ですが
コアリングとは
注射器のヒール部分により
ゴム栓が削り取られる現象です。

削り取られたゴム片を含む薬液が
患者に投与されるリスクがあるため
避けるべき事象です。

コアリング防止のためには
ヒール部分がひっかからないように
注射針をゴム栓に対し
「垂直」に「ゆっくり」さします。
斜めにでは、ありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
アシドーシス防止のために添加するのは
ビタミン B1 です。C ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。
ビタミンの分解といった変化を
避けるためです。


以上より、正解は 1,4 です。



問285(薬剤)
糖・電解質水溶液からなる室と
アミノ酸水溶液からなる室が

隔壁によって室に
分けられた構造の高カロリー輸液剤
(ダブルバッグ製剤)に関する記述のう
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 通例、保存剤が添加されている。

2 バッグを両手で強く押すことにより
隔壁部を開通させる。

3 2室に分かれているため、混合するまで
メイラード反応を回避できる。

4 脂肪乳剤を同時に投与する場合は
糖・電解質水溶液からなる室に混合する。

5 混合した製剤は
2時間以内に全量を投与する。


選択肢 1 ですが
輸液のように大量に用いる製剤には
保存剤は添加しません。

よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 は、正しい選択肢です。
ちなみに、メイラード反応とは
食品が褐変する原因の一つである反応です。

糖とアミノ酸が反応することで
シッフ塩基を形成した後
最終的にメラノイジンが
生成することで褐変します。


選択肢 4 ですが
脂肪乳剤は、単独投与します。
室に混合するわけでは、ありません。
配合変化を避けるためです。


選択肢 5 ですが
24 時間かけて
持続点滴静注を行うものもあります。
(例)アミノトリパ 1号、2号)

2時間以内に全量を投与するというのは
適切な記述ではないと考えられます。


以上より、正解は 2,3 です。