薬理 (理論)





問151
次の筋細胞に存在する
異なった標的分子に働き
収縮機能に対して相反する作用を示す
薬物の組合せはどれか。
2つ選べ。

1 血管平滑筋細胞における
アセチルコリンとフェニレフリン

2 瞳孔括約筋細胞における
アセチルコリンとネオスチグミン

3 気管支平滑筋細胞における
アセチルコリンとイソプレナリン

4 骨格筋細胞における
アセチルコリンとツボクラリン

5 骨格筋細胞における
アセチルコリンとダントロレン





問152 
交感神経系に作用する薬物について
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 エチレフリンは
間接型のアドレナリン作動薬で
タキフィラキシーを生じる。

2 ブナゾシンは
アドレナリン α1 受容体を遮断して
末梢血管抵抗を減少させる。

3 ブリモニジンは
アドレナリン α2 受容体を遮断して
眼房水の排出を促進する。

4 チモロールは
アドレナリン β2 受容体を刺激して
気管支を拡張させる。

5 ニプラジロールは
アドレナリン β 受容体遮断作用に加えて
ニトログリセリンに類似した
血管拡張作用を有する。




問153 自律神経節遮断薬の効果として
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 血圧降下
2 頻脈
3 唾液分泌亢進
4 縮瞳
5 消化管運動亢進





問154 
局所麻酔薬メピバカインに関する
記述のうち正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 構造の特徴から
エステル型の局所麻酔薬に分類される。

2 細胞の内側から
電位依存性 Na+  チャネルに作用する。

3 太い神経線維より
細い神経線維に対する
興奮伝導抑制作用が強い。

4 炎症巣では
細胞外液が酸性側に傾くため
局所麻酔薬効果が高くなる。

5 粘膜からの浸透性が高いので
表面麻酔に用いられる。





問155 
催眠薬の作用機序について
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ベンゾジアゼピン系薬は
GABA による GABAA 受容体の
活性化を増強する。

2 ゾピクロンは
オレキシン受容体を選択的に遮断する。

3 ラメルテオンは
メラトニン受容体を選択的に刺激する。

4 エチゾラムは
ヒスタミン H1 受容体を選択的に遮断する。

5 バルビツール酸系薬は
GABAA 受容体の GABA 結合部位に結合し
Cl- チャネルを開口する。





問156 神経障害性疼痛
(糖尿病性神経障害に伴う痛みなど)の治療薬には
一次知覚神経に発現する
イオンチャネルに作用するものがある。
その作用機序として、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 電位依存性 Ca2+ チャネルを遮断し
神経伝達物質の遊離を抑制する。

2 電位依存性 K+ チャネルを遮断し
神経伝達物質の遊離を抑制する。

3 ATP 感受性 K+ チャネルを遮断し
神経伝達物質の遊離を抑制する。

4 電位依存性 Cl- チャネルを遮断し
神経の興奮を抑制する。 

5 電位依存性 Na+ チャネルを遮断し
神経の興奮を抑制する。





問157 
Ca2+ チャネル遮断薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 アムロジピンは
心筋の L 型 Ca2+ チャネルを遮断するが
血管平滑筋の L 型 Ca2+ チャネルは遮断しない。

2 ベラパミルは
血管平滑筋の L 型 Ca2+ チャネルを遮断するが
心筋の L 型 Ca2+ チャネルは遮断しない。

3 シルニジピンは
血管平滑筋の L 型 Ca2+ チャネル及び
交感神経終末の N 型 Ca2+ チャネルを遮断する。

4 ジルチアゼムは
房室結節の L 型 Ca2+ チャネルを遮断する。

5 ベプリジルは、Ca2+ チャネル遮断作用に加えて
K+ チャネル活性化作用を有する。





問158 
利尿薬の作用機序に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 インダパミドは
Na+-K+-2Cl- 共輸送体を選択的に阻害する。

2 ブメタニドは
Na+-Cl- 共輸送体を選択的に阻害する。

3 トラセミドは
Na+-K+-2Cl- 共輸送体を阻害するとともに
心房性ナトリウム利尿ペプチド
(ANP)受容体を遮断する。

4 カンレノ酸は
集合管上皮細胞の Na+ チャネルの発現を抑制する。

5 トリアムテレンは
集合管上皮細胞の Na+ チャネルを遮断する。





問159 
呼吸器系に作用する薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 チペピジンは
咳中枢に作用せず、気管支を拡張させて
鎮咳作用を示す。

2 モンテルカストは
核内受容体に作用し
気管支ぜん息に伴う炎症を抑制する。

3 アンブロキソールは
ブロムヘキシンの活性代謝物であり
肺サーファクタントの分泌を促進させる。

4 アセチルシステインは
気道粘液のムコタンパク質のジスルフィド結合を開裂して
去痰作用を示す。

5 フルマゼニルは
肺伸展受容器を選択的に抑制し、鎮咳効果を示す。





問160 
消化器系に作用する薬物の
副作用に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 ピレンゼピンは
アセチルコリン M2 受容体を選択的に遮断し
心悸亢進を引き起こす。

2 ミソプロストールは
プロスタノイドEP 受容体を遮断し
子宮収縮を引き起こす。

3 メトクロプラミドは
ドパミン D2 受容体を遮断し
乳汁漏出を引き起こす。

4 ブチルスコポラミンは
アセチルコリン M3 受容体を遮断し
口渇を引き起こす。

5 メペンゾラートは
アセチルコリン M3 受容体を遮断し
頻尿を引き起こす。





問161 
ホルモン関連薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 ゴセレリンは
持続的投与により
ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)
受容体の脱感作を引き起こし
卵胞刺激ホルモン(FSH)や
黄体形成ホルモン(LH)の分泌を抑制する。

2 ダナゾールは
黄体ホルモン受容体とアンドロゲン受容体を遮断し
排卵を抑制する。

3 クロルマジノンは
5α-還元酵素を阻害し
テストステロンから
ジヒドロテストステロンへの変換を阻害する。

4 シナカルセトは
カルシトニン受容体を刺激し
副甲状腺(上皮小体)ホルモンの分泌を促進する。

5 モザバプタンは
バソプレシン V2 受容体を遮断し
集合管における水の再吸収を抑制する。





問162 
脂質異常症治療薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 フェノフィブラートは
ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体α
(PPARα)を阻害し
血中トリグリセリドを低下させる。

2 アトルバスタチンは
3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA
(HMG-CoA)還元酵素を阻害し
肝細胞の低密度リポタンパク質
(LDL)受容体を増加させる。

3 コレスチミドは
LDL コレステロールの酸化を抑制する。

4 プロブコールは
LDL 受容体に依存しない機構で
血中LDL コレステロールを低下させ
家族性高コレステロール血症に奏効する。

5 ニセリトロールは
胆汁酸再吸収を抑制し
肝臓でのコレステロールから
胆汁酸への異化を促進する。





問163 
抗アレルギー薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 クロモグリク酸は
肥満細胞からのケミカル
メディエーターの遊離を抑制し
Ⅰ型アレルギー反応を抑制する。

2 オザグレルは
トロンボキサン A2 受容体を遮断し
気管支平滑筋の収縮を抑制する。

3 セラトロダストは
ロイコトリエン受容体を遮断し
血管透過性亢進を抑制する。

4 ジフェンヒドラミンは
5-リポキシゲナーゼを阻害し
気管支平滑筋の収縮を抑制する。

5 スプラタストは
インターロイキン-4やインターロイキン-5の
産生を抑制し、IgE の産生を抑制する。





問164 
β-ラクタム系抗菌薬の耐性発現及び
副作用に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 β-ラクタム環を開裂する
セファロスポリナーゼを産生する細菌は
セファレキシンに対する耐性を示す。

2 スルバクタムは
緑膿菌に対して強い抗菌活性を示すが
セファロスポリナーゼによって
容易に分解される。

3 セフォタキシムは
セファロスポリナーゼを不可逆的に阻害し
β-ラクタム系抗菌薬の治療効果を高める。

4 メロペネムは
腎尿細管に存在する
デヒドロペプチダーゼⅠにより分解され
その分解物が腎毒性を引き起こす。

5 セフメタゾールは
ジスルフィラム様作用を有するので
投与期間中に飲酒すると
血中アセトアルデヒド濃度が上昇しやすくなる。





問165 
抗悪性腫瘍薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 エトポシドは
DNA 鎖に架橋を形成し
DNA 合成を阻害する。

2 ビンクリスチンは
チューブリンの重合を阻害して
微小管分解を引き起こし
細胞分裂を抑制する。

3 シタラビンは
細胞内で三リン酸ヌクレオチドに変換され
トポイソメラーゼを阻害して
DNA 合成を阻害する。

4 ゲフィチニブは
上皮増殖因子受容体(EGFR)
チロシンキナーゼを
選択的に阻害する。

5 イマチニブは
血管内皮細胞増殖因子受容体(VEGFR)
チロシンキナーゼを
選択的に阻害し
血管新生を阻害する。