問101-151 解説





問151
次の筋細胞に存在する
異なった標的分子に働き
収縮機能に対して相反する作用を示す
薬物の組合せはどれか。
2つ選べ。

1 血管平滑筋細胞における
アセチルコリンとフェニレフリン

2 瞳孔括約筋細胞における
アセチルコリンとネオスチグミン

3 気管支平滑筋細胞における
アセチルコリンとイソプレナリン

4 骨格筋細胞における
アセチルコリンとツボクラリン

5 骨格筋細胞における
アセチルコリンとダントロレン


選択肢 1 ですが
アセチルコリンは、平滑筋細胞の
主に M2 , M3 受容体に作用します。
その結果、平滑筋は収縮します。


一方、フェニレフリンは
選択的α1受容体刺激薬です。
血管平滑筋は収縮します。


共に収縮するので、誤りです。


※ただし、血管において
アセチルコリンは
血管「内皮」細胞に働きかけて
NO 遊離を促します。
その結果、血管は拡張し、血圧は低下します。

自律神経系に関しては
「標的臓器」によって、同じアセチルコリンでも
どのような作用を示すかが異なるので
注意が必要です!

「アセチルコリン」は「平滑筋収縮」というのを
まず覚えると、整理しやすいかもしれません。



選択肢 2 ですが
アセチルコリンは、瞳孔を収縮させます。
(これは、抗コリンの原型である
「アトロピン」がおめめぱっちり
→遮断したら目がぱっちりなら
アセチルコリンで刺激すれば
おめめ収縮。と考えると、覚えてなくてもいい。)
従って、瞳孔括約筋を収縮させます。


一方、ネオスチグミンは
コリンエステラーゼ阻害剤です。

アセチルコリンを分解する酵素である
コリンエステラーゼを阻害します。
つまり
アセチルコリンが分解されにくくなるので
アセチルコリンをたくさん投与したようなものとなります。
作用としては、瞳孔括約筋の収縮です。

共に収縮するので、誤りです。


選択肢 3 ですが
アセチルコリンは、平滑筋を収縮させます。
一方、イソプレナリンは、β刺激薬です。
気管支平滑筋を拡張させます。

(これは、β遮断薬が、喘息患者に禁忌であること
を思い出すと、覚えなくてもよいと考えられます。
つまり、β遮断
→喘息患者が苦しむ
→気管支は収縮するだろう という考えです。

であれば、逆にβを刺激すれば
喘息患者は和らぐ
→気管支は拡張するだろう。)


よって、異なった標的分子に働き
相反する作用を示しており
選択肢 3 は、正しいです。


選択肢 4 ですが

アセチルコリンは、骨格筋を収縮させます。
※(作用するのは、Nm受容体。)

一方、ツボクラリンは
神経筋接合部である、Nm 受容体を
競合的に遮断する薬です。
骨格筋を弛緩させます。

相反する作用ですが
標的分子が同じ Nm 受容体であるため
選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 ですが
アセチルコリンについては
選択肢 4 の解説の通りです。

ダントロレンは
筋肉の興奮-収縮連関を抑制します。
具体的には、筋肉小胞体からの
カルシウムイオン放出を抑制します。

よって、異なった標的分子に働き
相反する作用を示しており
選択肢 5 は、正しいです。


以上より、正解は 3,5 です。