問101-157 解説


問157 
Ca2+ チャネル遮断薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 アムロジピンは
心筋の L 型 Ca2+ チャネルを遮断するが
血管平滑筋の L 型 Ca2+ チャネルは遮断しない。

2 ベラパミルは
血管平滑筋の L 型 Ca2+ チャネルを遮断するが
心筋の L 型 Ca2+ チャネルは遮断しない。

3 シルニジピンは
血管平滑筋の L 型 Ca2+ チャネル及び
交感神経終末の N 型 Ca2+ チャネルを遮断する。

4 ジルチアゼムは
房室結節の L 型 Ca2+ チャネルを遮断する。

5 ベプリジルは、Ca2+ チャネル遮断作用に加えて
K+ チャネル活性化作用を有する。


選択肢 1 ですが
アムロジピンは
代表的ジヒドロピリジン系 Ca 拮抗薬です。

この系統の Ca 拮抗薬の特徴は
血管選択性の高さです。

L 型 Ca チャネルは
心臓にも、血管平滑筋にも広く存在します。
しかし、結合部位の違いにより、アムロジピンは
血管に選択的に作用します。

心筋のチャネルを
選択的に遮断するわけでは、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


※ L型の結合部位は、主に
「N(ニフェジピン)部位
D(ジルチアゼム)部位
V(ベラパミル)部位」があるみたい。
また、「L」は、long,large の略とのこと。


選択肢 2 ですが
ベラパミルは
フェニルアルキルアミン系の Ca 拮抗薬です。

心筋及び、血管平滑筋の Ca チャネルを
両方とも遮断するのが特徴です。
(そのため
高血圧を有する不整脈などに適しています。)

血管平滑筋のチャネルを
選択的に遮断するわけでは、ありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。


選択肢 5 ですが
ベプリジルは
クラスⅣ抗不整脈薬の一つです。

Ca チャネルだけでなく
非特異的に、様々なチャネル遮断作用を示します。
Kチャネルを、活性化するわけでは
ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。