薬理 (実践)





問246-247
70 歳女性。以前より消化器内科にて
薬剤 1 による薬物治療を受けている。

最近、別の医院を受診し、パーキンソン病と診断され
レボドパにて薬物治療を行うこととなった。

レボドパを標準維持量まで増量したが
症状の改善が見られず、薬物相互作用が疑われた。

問246
薬剤 1 は、脳内でレボドパの効果に影響した可能性がある。
薬剤 1 はどれか。1つ選べ。

1 プロパンテリン臭化物
2 ラベプラゾールナトリウム
3 スクラルファート
4 スルピリド
5 テプレノン


問247 
薬物相互作用を回避するため
薬剤 1 を中止したところ、幻覚症状が発現した。
その機序として、最も可能性が高いのはどれか。
1つ選べ。


1 ドパミン受容体に対する
刺激と遮断のバランスがくずれ
刺激優位となった。

2 ドパミン受容体に対する
刺激と遮断のバランスがくずれ
遮断優位となった。

3 アセチルコリン受容体に対する
刺激と遮断のバランスがくずれ
刺激優位となった。

4 アセチルコリン受容体に対する
刺激と遮断のバランスがくずれ
遮断優位となった。

5 薬剤 1 を中止することで
脳内ドパミン濃度が増加した。 

6 薬剤 1 を中止することで
脳内アセチルコリン濃度が増加した。






問248-249
55 歳男性。
前立腺肥大に伴う排尿障害に対して
単剤で薬物治療中だったが、時々
急に抑えられないような強い尿意を感じるとの訴えがあったため
新たな薬剤が追加されて、次のような処方となった。

(処方 1)
シロドシン錠 4mg 1回1錠(1日 2 錠)
1 日 2 回 朝夕食後 14 日分

(処方 2)
プロピベリン塩酸塩錠 10 mg 1回1錠(1 日 1 錠)
1 日 1 回 朝食後 14 日分


問248
この処方に関して患者に確認する内容として
重要度が高いのはどれか。2つ選べ。


1 咳がひどく出ることはありませんか。
2 食欲不振になっていませんか。
3 味(甘、塩、酸、苦)を感じにくいことはありませんか。
4 めまいや立ちくらみを感じることはありませんか。
5 排尿した後に尿が残っている感じはありませんか。


問249
この患者において新たに追加された
処方薬の作用機序はどれか。1つ選べ。

1 アドレナリン α1 受容体遮断による尿道内圧の低下
2 アドレナリン β2 受容体刺激による外尿道括約筋の弛緩
3 アドレナリン β3 受容体刺激による膀胱排尿筋の収縮
4 アセチルコリン M2 受容体刺激による内尿道括約筋の弛緩
5 アセチルコリン M3 受容体遮断による膀胱排尿筋の弛緩





問250-251 
70歳男性。
もともと歩行が困難であったが
最近、薬の飲み忘れが増え、
通院も困難になってきた。

医師の指示に基づき
保険薬局の薬剤師が在宅訪問薬剤
管理を行うこととなった。

(処方1)
ドネペジル塩酸塩錠5mg 
1回1錠(1日1錠)

バルサルタン錠40mg 
1回1錠(1日1錠)

アスピリン腸溶錠100mg 
1回1錠(1日1錠)

1日1回朝食後14日分

(処方2)
サルポグレラート塩酸塩錠100mg 
1回1錠(1日3錠)

1日3回朝昼夕食後14日分


問250(実務)
在宅訪問において
薬剤師に求められている行為として
ふさわしくないのはどれか。1 つ選べ。

1 残薬を整理し、処方量の調整を
医師に提案する。

2 血圧などのバイタルサインをチェックし
医師に報告する。

3 コンプライアンスの向上を目的とし
剤形変更を医師に提案する。

4 家族から求めのあった口腔ケア用
スポンジブラシを提供する。

5 患者の一部負担金を減免する。



問251(薬理)
処方された薬物の作用機序として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 アンギオテンシン受容体を遮断する。
2 セロトニン受容体を遮断する。
3 アセチルコリン受容体を遮断する。
4 グルタミン酸受容体を遮断する。
5 アドレナリン受容体を遮断する。




問252-253 
45歳女性。卵巣がん。
がん性疼痛に対して
以下の薬剤を使用してきたが、
疼痛が増強してきたので
追加処方を検討することにした。

(処方)
ロキソプロフェンNa錠60mg 
1回1錠(1日3錠)
1日3回朝昼夕食後14日分


問252(実務)
ロキソプロフェンNa錠に追加する薬剤として
適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 コデインリン酸塩散10%
2 セレコキシブ錠
3 モルヒネ硫酸塩水和物徐放錠
4 メサドン塩酸塩錠


問253(薬理)
前問で適切と考えた追加処方薬の
薬理作用(副作用を含む)として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 中脳や延髄に作用し
脊髄への下行性抑制系神経を抑制することで
鎮痛作用を示す。

2 プロスタグランジンの産生を抑制し
解熱作用を示す。

3 肝臓の薬物代謝酵素によって
モルヒネに変換されて鎮痛作用を示す。

4 延髄の化学受容器引き金帯
(CTZ)を抑制し、制吐作用を示す。

5 消化管運動を抑制し、便秘を起こす。





問254-255 
30歳男性。
気管支ぜん息の治療のため
以下の薬剤が処方された。

(処方)
アドエア125エアゾール120吸入(注) 1本
1 回 2吸入 1日 2 回
朝夕食後吸入

注:サルメテロールキシナホ酸塩
及びフルチカゾンプロピオン酸エステルを
含有する加圧式定量噴霧吸入器(pMDI)。

1吸入で、サルメテロールとして25μg 及び
フルチカゾンプロピオン酸エステルとして
125μg を吸入できる。


254(実
この処方薬で生じる可能性のある副作用として
誤っているのはどれか。つ選べ。

1 アナフィラキシー
2 肺炎
3 口腔カンジダ症
4 振戦
5 血清カリウム濃度上昇


問255(薬理)
上記の処方薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 フルチカゾンは
細胞質のグルココルチコイド受容体に結合し
核内に移行する。

2 フルチカゾンは
NF-κB を活性化して、抗炎症作用を示す。

3 サルメテロールは
気管支平滑筋のアドレナリンβ2受容体を刺激し
アデニル酸シクラーゼを活性化する。

4 フルチカゾンは
血糖上昇作用を有するが
サルメテロールは
その作用を減弱する。

5 サルメテロールは
心機能抑制作用を有するが
フルチカゾンは
その作用を減弱する。




問256-257 
73歳男性。入院中の患者。
切除不能の胃がんに対して
S-1(テガフール・ギメラシル・オテラシル
カリウム配合剤)/シスプラチン療法を開始し
その後、退院して外来化学療法で
治療を継続することとなった。


問256(実務)
治療開始時又は退院時に
薬剤師が患者に対して行う説明として
適切でないのはどれか。1 つ選べ。

1 S-1 の服用においては
休薬期間が設けられています。

2 治療効果を高めるために
水分の摂取量を制限してもらうことがあります。

3 投与期間中には
重篤な副作用を回避するため
定期的に血液検査を行う必要があります。

4 悪心・嘔吐、食欲不振等が起きることがあります。

5 激しい下痢、腹痛が起きることがあります。


問257(薬理)
この化学療法の副作用を軽減する
薬物に関する記述として
誤っているのはどれか。1 つ選べ。

1 アザセトロンは
化学受容器引き金帯(CTZ)と
求心性迷走神経終末の
セロトニン 5-HT3 受容体を遮断し
急性の悪心・嘔吐を抑制する。

2 タンニン酸アルブミンは
大腸のアウエルバッハ神経叢を刺激し
大腸のぜん動運動を促進する。

3 アプレピタントは
ニューロキニン NK1 受容体を遮断し
遅発性の悪心・嘔吐を抑制する。

4 D-マンニトールは
管腔内浸透圧上昇を介して
近位尿細管のナトリウム再吸収を抑制し
尿量を増加させる。

5 レノグラスチムは
顆粒球系幹細胞に作用し
好中球数を増加させる。




問258-259 
62歳女性。
3年前に糖尿病と診断され
処方1及び処方2で治療中。
近、手足に痛みやしびれ感があるため
処方3が追加となった。

(処方1)
メトホルミン塩酸塩錠250mg 
1回1錠(1日3錠)
1日3回朝昼夕食後14日分

(処方2)
ピオグリタゾン錠15mg 
1回0.5錠(1日0.5錠)

アログリプチン安息香酸塩錠25mg 
1回1錠(1日1錠)

1日1回朝食後14日分

(処方3)
プレガバリンカプセル75mg 
1回1カプセル(1日2カプセル)
1日2回朝夕食後14日分


問258(実務)
処方 3 の服薬指導として
適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 痛みやしびれ感の改善があれば
薬をやめても構いません。

2 アルコールは薬の作用に影響しますので
控えてください。

3 ぼんやりしたり、めまい、意識消失などが
起こることがあります。

4 血液を固まりにくくし
血のめぐりを良くすることで
痛みをやわらげます。


問259(薬理)
処方1~3の薬物の作用機序として
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 アルドース還元酵素を阻害し
末梢神経障害を改善する。

2 AMP 依存性プロテインキナーゼを活性化し
肝臓での糖新生を抑制する。

3 ペルオキシソーム
増殖剤応答性受容体α
(PPARα)を活性化し
インスリン抵抗性を改善する。

4 オピオイド μ 受容体を刺激し
鎮痛作用を示す。

5 ジペプチジルペプチダーゼ-4
(DPP-4)を阻害し
インクレチンの作用を増強する。





問260-261
70歳女性。
1ヶ月前から四肢の筋力低下と
眠れないほどの四肢及び腰部の痛みがある。
整形外科を受診し、以下の薬剤が処方された。

(処方1)
リセドロン酸 Na 錠 17.5 mg 
1回1錠(週1錠)
週1回起床時2日分

(処方2)
カルシトリオールカプセル0.25μg 
1回1カプセル(1日2カプセル)
1日2回朝夕食後14日分

(処方3)
アルプラゾラム錠 0.4mg 
1回1錠(1日1錠)
1日1回就寝前14日分


問260(実務)
上記の処方に関する服薬指導として
適切なのはどれか。2つ選べ。

1 服用後、なるべく早く
食事をとるように指導する。

2 服用後、横になって
安静にするように指導する。

3 歯科を受診する場合に
服用中の薬剤について歯科医師に
告知するように指導する。

4 自動車の運転など
危険を伴う機械の操作に
従事しないように指導する。

5 腰痛が改善したら
直ちに服薬を中止するように指導する。


問261(薬理)
リセドロン酸の作用機序として
正しいのはどれか。1 つ選べ。

1 骨のエストロゲン受容体に結合し
骨芽細胞を増加させ骨形成を促進する。

2 ヒドロキシアパタイトに結合したのち
骨芽細胞に取り込まれ
アポトーシスを起こす。

3 オステオカルシンのカルボキシ化を介し
前駆細胞から破骨細胞への分化を阻害する。

4 メバロン酸代謝経路の
ファルネシルピロリン酸合成酵素を阻害し
破骨細胞の機能を抑制する。

5 カルシウムの腸管からの吸収を促進し
血中 Ca2+ 値を上昇させる。





問262-263 
59歳男性。
2日前より上気道感染症状
(軽度の咳)を訴えていたが
朝、突然の悪寒、震えと
発熱39℃を認め受診した。

肺炎球菌が検出されたので
菌薬が処方されることとなった。

検査所見:呼吸数10/分
右肺野にラ音聴取。
胸部X線にて右肺野に肺炎像を認める。

ALT 10IU/L、AST 19IU/L、γ-GPT 22IU/L
血清クレアチニン値 5.5 mg/dL
クレアチニンクリアランス21 mL/min


問262(実務)
この患者に対して投与量を調節する
必要性が低いのはどれか。1 つ選べ。
1 注射用イミペネム・シラスタチンナトリウム
2 アジスロマイシン水和物錠
3 セフィキシム水和物カプセル
4 アンピシリン水和物カプセル
5 レボフロキサシン水和物錠


問263(薬理)
前問中の薬物の作用機序として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 イミペネムは
UDP-N -アセチルムラミン酸の
合成を阻害する。

2 アジスロマイシンは
細菌のリボソーム 50S サブユニットに結合し
タンパク質合成を阻害する。

3 セフィキシムは
細菌のリボソーム 30S サブユニットに結合し
タンパク質合成を阻害する。

4 アンピシリンは
ペプチドグリカン前駆体の
ペプチジル- D -アラニンに結合し
細胞壁合成を阻害する。

5 レボフロキサシンは
細菌の DNA ジャイレースを阻害し
DNA の複製を阻害する。