102-4 解説


4

日本薬局方において、容量分析用標準液のファクターfは、通例どの範囲にあるように調製されるか。1つ選べ。

 

1 0.8501.150

2 0.9001.100

3 0.9501.050

4 0.9701.030

5 0.9901.010



容量分析用標準液とは
濃度が精密に知られた試薬溶液のことです。
具体的には、0.5 mol/L 塩酸や
0.1 mol/L 水酸化カリウム液などです。

ファクターとは
濃度の補正係数のことです。

通例の範囲は
知っていないとわからないのですが
0.970 ~ 1.030 の範囲になるように
調製するように定められています。


以上より、正解は 4 です。