102-101 解説


問101

次の反応のうち、主生成物がラセミ体として生じるのはどれか。1つ選べ。

THF:テトラヒドロフラン)



1はアルケンからアルコールを合成する「ヒドロホウ素化-酸化法」で、有名反応のひとつです。この反応の特徴は、syn付加であり、また、逆Markovnikov則に従うということです。

上図の遷移状態を見てわかる通り、BH3のうちBH2はアルケンの中で立体障害の小さいCH2側に付き、BH3の残りのHは立体障害の大きいC(CH3)CH2CH3側に付いています。これがsyn付加かつ逆Markovnikov則に従うということですが、このBH3がアルケンに対して画面表側から近づくか、それとも画面裏側から近づくかは全くのランダムです(アルケンが平面的な分子であるため)。よって、生成物はラセミ体となるので、1が正解です。


2m-クロロ過安息香酸(mCPBA)という過酸を使ったアルケンのエポキシ化です。

上の化学反応式を見てもわかるように、この反応はsyn付加となり、生成物はアキラルなので、ラセミ体とはなりません。


3について、アルケンへのハロゲンの付加反応はanti付加となります。

この生成物は上図の通りメソ体なので、アキラルな分子であり、ラセミ体とはなりません。


4はアルケンへの水の付加反応(水和反応)です。これはカルボカチオンを経る反応なので、Markovnikov則に従います。

その生成物は上図の通り不斉炭素を持たないので、ラセミ体ではありません。


5の反応は1,2-ジオール化です。以下のように反応が進行するので、syn付加となります。

生成物は線対照(上図では上下対照)なので、アキラルな分子であり、ラセミ体とはなりません。