国試102回 問106~110

 

106

次に示した医薬品の活性成分Aに関する記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 N末端のアミノ酸はD-プロリンである。

2 C末端では、L-プロリンの環内の窒素がN-エチル化されている。

3 L-ロイシンのエナンチオマーであるD-ロイシンが含まれている。

4 経口投与には通さない。

 

この問題の解説へ


 

107

ビルダグリプチンに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 ピペリジン環を有している。

2 破線で囲んだ炭素骨格中のすべてのシクロヘキサン環は、いす形配座をとっている。

3 a及びbで示される2つの窒素原子のうち、bの方が塩基性が強い。

4 cで示される不斉炭素原子はR配置である。

5 d及びeで示される2つの炭素原子はいずれもキラル中心(立体中心)ではない。

 

この問題の解説へ


 

108

下図は、ある化合物の1H-NMRスペクトル(400MHzCDCl3、基準物質はテトラメチルシラン(TMS))である。この化合物の構造式として正しいのはどれか。1つ選べ。なお、イのシグナルは一重線であり、拡大図AB及びCの拡大率はそれぞれ異なる。また、エのシグナルはヒドロキシ基のプロトンに由来する。

 

この問題の解説へ


 

109

天然物AEの生合成に関する記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 天然物Aは、イソプレン単位3個から生合成される。

2 天然物Bは、2分子のフェニルプロパノイドから生合成される。

3 天然物Cは、1分子のアセチルCoA7分子のマロニルCoAから生合成される。

4 天然物Dは、1分子のフェニルプロパノイドと2分子のマロニルCoAから生合成される。

5 天然物Eは、チロシンから生合成される。

 

この問題の解説へ


 

110

生薬に関する記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 ロートコンは、ナス科基原植物由来生薬で、トロパンアルカロイドを含有する。

2 リュウタンは、フラボノイド配糖体を主成分とし、苦味健胃薬として用いられる。

3 リュウコツは、硫酸ナトリウムを主成分とし、精神安定を目的として用いられる。

4 インチンコウは、果実を用部にする生薬であり、胆汁分泌促進作用がある。

5 トチュウは、トチュウの樹皮を用部にする生薬であり、リグナンを含有する。

 

この問題の解説へ


 


次の問題



目次に戻る