102-109 解説


109

天然物AEの生合成に関する記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 天然物Aは、イソプレン単位3個から生合成される。

2 天然物Bは、2分子のフェニルプロパノイドから生合成される。

3 天然物Cは、1分子のアセチルCoA7分子のマロニルCoAから生合成される。

4 天然物Dは、1分子のフェニルプロパノイドと2分子のマロニルCoAから生合成される。

5 天然物Eは、チロシンから生合成される。



選択肢 1 は

ホルボール という物質の構造式です。


イソプレン単位は、C5なので

イソプレン単位3個であれば、C15 のはずです。

しかし、構造は C が 20個見られます。


よって

選択肢 1 は誤りであると考えられます。



選択肢 2 は、正しい記述です。

ポドフィロトキシンという物質の構造式です。

この物質の誘導体の1つが、エトポシドです。


フェニル(C6)ープロパン(C3)骨格2つが

くっついていると考えることができます。



選択肢 3 は、正しい記述です。

エモジンという物質の構造式です。



選択肢 4 は

クエルセチンという物質の構造式です。

炭素数が C15 です。


フェニルプロパノイドで C9

1分子のマロニル CoA からは C2 なので

2分子ではなく、3分子のマロニル CoA から

生合成されると考えられます。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は

レセルピンという物質の構造式です。


左上に

インドール環由来と思われる部分があります。

これがトリプトファン由来です。

チロシンからではありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。