102-110 解説


110

生薬に関する記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 ロートコンは、ナス科基原植物由来生薬で、トロパンアルカロイドを含有する。

2 リュウタンは、フラボノイド配糖体を主成分とし、苦味健胃薬として用いられる。

3 リュウコツは、硫酸ナトリウムを主成分とし、精神安定を目的として用いられる。

4 インチンコウは、果実を用部にする生薬であり、胆汁分泌促進作用がある。

5 トチュウは、トチュウの樹皮を用部にする生薬であり、リグナンを含有する。



選択肢 1 は、正しい記述です。



選択肢 2 ですが

リュウタンは、ゲンチジンなどの

「アルカロイド」が主成分です。

フラボノイド配糖体では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。


苦味、健胃成分というのは

正しい記述です。



選択肢 3 ですが

リュウコツは、哺乳動物の化石化した骨です。

主成分は炭酸カルシウムやリン酸カルシウムです。

硫酸「ナトリウム」ではありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。


精神安定目的というのは

正しい記述です。



選択肢 4 ですが

インチンコウは、蕾(頭花)を用部とします。

果実では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。


胆汁分泌促進作用というのは

正しい記述です。



選択肢 5 は、正しい記述です。



以上より、正解は 1,5 です。