102-15 解説


15

初回の免疫により最も早期に分泌される抗体のクラスはどれか。1つ選べ。

 

1 IgA

2 IgD

3 IgE

4 IgG

5 IgM


問15

ポイントは、『免疫はGAMDE』です。

「免疫はガムで」と何度か声に出すと

覚えやすいかもしれません。

(それぞれ、IgG,IgA,IgM,IgD,IgE のこと。)

この順番に、割合が多いです。


Ig とは、immunoglobulin の略です。

免疫グロブリンというタンパク質です。

抗体の実体が免疫グロブリンです。


Ig は、Y字型のタンパク質です。

定常部(下の棒線部分+上の先っぽ以外)と

可変部(上の先っぽ部分)からなります。

GAMDE というクラスの違いは

『定常部』の構造の違いによる分類です。



以下では

それぞれの免疫グロブリンの特徴で

憶えておいた方がよい点を列挙します。



免疫反応において

まず分布される免疫グロブリン

すなわち、「First 分布」が 「M」です。




IgMの次に分布される

「Second 分布」が 「G」です。


IgG の特徴として
憶えておきたい点が
胎盤通過できるということです。


初乳に含まれるのが 「A」です。



「E」の特徴は2点です。

1点目は、割合が小さく極微量であることです。

もう1点は、アレルギー反応において重要な役割を担う点です。



以上をふまえ

初回の免疫で最も早期に分布される抗体のクラスは M です。

正解は 5 です。