102-111 解説


111

下図は心臓の洞房結節の活動電位波形である。

これに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 交感神経の興奮により静止膜電位が低下し、心拍数が変化する。

2 4相での変化は、Na+チャネルの開口による細胞内へのNa+流入に起因する。

3 0相での変化は、LCa2+チャネルの開口による細胞内へのCa2+流入に起因する。

4 3相での変化は、K+チャネルの開口による細胞外へのK+流出に起因する。

5 3相での変化が、心室筋の弛緩を起こす。



洞房結節なので

Ca2+、及び K+ のみが

電位の変化に関与することが特徴です。


洞房結節とは

心臓のペースメーカーの機能を担う部分です。


ここの興奮を

心臓の鼓動周期の開始として


「洞房結節の興奮

→心房部の収縮

→房室結節への刺激の集合

→心室部の収縮」


という流れで、リズミカルな収縮が行われます。

以上をふまえ、各選択肢を検討します。



選択肢 1 ですが

交感神経の興奮で、心臓の鼓動が速くなります。

もしも静止膜電位が低下すると

洞房結節の興奮が遅くなります。

従って、選択肢 1 は誤りであると考えられます。



選択肢 2 ですが

Na+ は関与しません。

よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが

洞房結節の興奮後おきるのは、心房部の収縮です。

従って、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。

.