102-115 解説


115

ピリミジンヌクレオチドの代謝に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 ピリミジン骨格の生合成には、グルタミンとアスパラギン酸が利用される。

2 ピリミジンヌクレオチドの生合成は、最終産物のシチジン5'-三リン酸(CTP)によりフィードバック阻害される。

3 デオキシウリジン5'-一リン酸(dUMP)からデオキシチミジン5'-一リン酸(dTMP)の生合成において、S-アデノシルメチオニンがメチル基供与体として働く。

4 ピリミジンヌクレオチドの分解により、尿酸が生成される。



まず、ピリミジン塩基は
環が少ない方です。U,T, C の方です。
プリン塩基が、A,G です。


選択肢 1,2 は、正しい記述です。

ちなみに、プリン塩基の生合成に関与するアミノ酸は

グルタミン、アスパラギン酸に加え、グリシンです。



選択肢 3 ですが

記述の反応におけるメチル基供与体は

5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸です。

(5,10-CH2-THF と表されることがあります。

THFが、テトラヒドロ葉酸です。葉酸が Folic acid 。)



選択肢 4 ですが

分解最終産物が尿酸なのは、プリン塩基です。


ピリミジン塩基は

β-アラニン+β-アミノイソ酪酸 に分解されます。

(最終的にはNH3,CO2,H2O まで分解。

NH3 は尿素回路へ。)




以上より、正解は 1,2 です。