102-116 解説


116

真核細胞におけるmRNAからタンパク質への翻訳過程に関する記述について、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

1 翻訳過程は、開始、伸長及び終結の3段階の反応により完結する。

2 遺伝子の転写反応が完結する前に、翻訳開始反応が起こる。

3 翻訳開始反応は、mRNA5'末端側から3'末端側の方向に進行する。

4 リボソームがもつペプチジルトランスフェラーゼ活性により、ペプチド鎖伸長反応が起こる。

5 アミノアシルtRNAの生成には、ATPのエネルギーを利用してアミノ酸が活性化される必要がある。



選択肢 1,3,4,5 は、正しい記述です。
どれも正しいと判断できるべき内容です。


選択肢 2 ですが
「真核細胞における」がポイントです。

真核細胞における DNA の転写 なので
RNA は、スプライシングを受けたり
キャップ構造 や ポリA 付加を受けます。

そのため
核内で転写反応を完結させて
できた成熟 mRNA が核外へと移行し
翻訳されます。

※もしもこれが
細胞における という記述であれば
原核生物もありえます。

原核生物の場合、原形質において
転写されてできた mRNA から
順次翻訳されることになります。

つまり
原核生物において転写と翻訳は
同時に行われるということです。


以上より、正解は 2 です。