102-118 解説


118

免疫系における胸腺の役割に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 T細胞の前駆細胞は骨髄で作られた後、胸腺に移動して分化・成熟する。

2 胸腺において、T細胞抗原受容体の遺伝子の再構成が起こる。

3 胸腺は、成人において造血が行われる主要な器官である。

4 胸腺は、二次リンパ器官の一つである。

5 B細胞は主として胸腺で産生され、リンパ節で分化・成熟する。



選択肢 1,2 は、正しい記述です。



選択肢 3 ですが

造血が行われるのは、骨髄です。胸腺ではありません。



選択肢 4 ですが

胸腺は、一次リンパ器官です。


一次リンパ器官とは

免疫細胞が分化する場所のことです。


一方、二次リンパ器官とは

免疫反応の場のことです。

代表例としては、脾臓やリンパ節があります。



選択肢 5 ですが

B が bone の略です。

B 細胞は骨髄で生成され、骨髄で成熟します。



以上より、正解は 1,2 です。