102-119 解説


119

移植片拒絶反応について調べるため、2種類の近交系のマウス(A/AB/B)を用いて、下記のような交配を行った。これらのマウスを用いて皮膚の移植実験を行った。以下に実験結果を示す。なお、A/AA/B及びB/Bは組織適合抗原の遺伝子型を表している。

[交配手順]

① A/Aの親マウスとB/Bの親マウス間で交配し、雑種第一代(F1)マウスを得た。

② F1マウス同士を交配して雑種第二代(F2)マウスを得た。


[実験結果]

① A/Aの親マウス同士の移植、B/Bの親マウス同士の移植は常に成立した。

② A/Aの親マウスとB/Bの親マウスの間の移植は常に失敗した。

以上の移植実験結果に基づき、移植が常に成立すると予想されるのはどれか。2つ選べ。

 

1 A/Aの親マウスから、F1マウスへの移植

2 F1マウスから、A/Aの親マウスへの移植

3 A/Aの親マウスから、F2マウスへの移植

4 F1マウスから、B/Bの親マウスへの移植

5 F2マウスから、F1マウスへの移植



移植片拒絶なので

「自分でないものが来ると拒絶」です。



選択肢 1 は、正しい記述です。


A/Aの親マウスからの移植なので、この皮膚はAです。

(より正確に表現するなら

皮膚細胞の表面に出ている組織適合抗原がAです。)


F1にとっての「自分」とは

自分がA/Bなので

やってくるのは、AでもBでもOKです。

従って、移植は成功します。


ちなみに

移植される側が F1 であれば大丈夫なので

選択肢 5 も正しい記述となります。



選択肢 2 ですが

F1から、A/Aに移植してしまうと

皮膚細胞には、Aを抗原掲示しているものと

Bを抗原掲示しているものが混在します。


すると

「自分ではない B」がやってくることになるので

拒絶がおきます。

よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが

F2の中には、B/Bがいます。

A/Aから、B/Bだとだめでした。

これは実験結果②より判断できます。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが

F1から、B/Bに移植してしまうと

皮膚細胞には、Aを抗原掲示しているものと

Bを抗原掲示しているものが混在します。


B/Bへ移植すると「自分ではないA」が

やってくることになってしまうので拒絶がおきます。

よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,5 です。