102-120 解説


120

細菌の毒素に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 腸管出血性大腸菌が産生するベロ毒素は、宿主細胞のタンパク質合成を阻害する。

2 コレラ毒素は、宿主の神経筋接合部でのアセチルコリンの遊離を抑制し、筋肉の麻痺を引き起こす。

3 ボツリヌス毒素は、宿主細胞内でアデニル酸シクラーゼを活性化し、サイクリックAMP濃度の上昇をもたらす。

4 グラム陰性菌の内毒素(エンドトキシン)は、外膜に存在するリポ多糖である。



選択肢 1,4 は、正しい記述です。



選択肢 2,3 は、主語が逆です。


コレラ毒素は

Gsタンパク質のADPリボシル化を介し

アデニル酸シクラーゼ(AC)を活性化し

cAMP濃度の上昇をもたらします。


その結果

消化管細胞の異常な興奮→分泌液過剰→致死的下痢

を引き起こします。



ボツリヌス毒素は

Ach 遊離抑制を介して

弛緩性の麻痺を引き起こします。



以上より、正解は 1,4 です。