国試102回 問121~125

 

121

下図は、午前に1回だけ(午前78時)食事を摂取した際に考えられる血糖値と血中インスリン濃度の経時変化(午前0時~午後1時)を示したものである。この図に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 Aの時点の血糖値は、主に筋肉から放出されたグルコースに由来する。

2 Bの時点の血糖値の上昇には、小腸粘膜上皮細胞のSGLT1によるグルコースの取り込みが関与している。

3 Bの時点において、インスリンは膵臓から十二指腸の管腔内に分泌され、グルコースの腸管での吸収を促進する。

4 Cの時点において、インスリン依存的に活性化されたGLUT4により筋肉にグルコースが取り込まれている。

5 Cの時点において、インスリン依存的に肝臓でのグリコーゲンの分解が促進されている。

 

この問題の解説へ


 

122

食品表示法に基づく食品表示に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 n-3系脂肪酸、ビタミンK及びカリウムは、栄養機能食品の栄養成分として栄養機能表示が認められている。

2 特定保健用食品において、疾病リスク低減表示が認められている関与成分には、葉酸、カルシウム及びへム鉄がある。

3 機能性表示食品では、科学的根拠を有する関与成分について、企業の責任において疾病リスク低減表示が認められている。

4 食品に含まれるナトリウムは、食塩相当量ではなく、ナトリウム量として表示する。

5 特定原材料又はL-フェニルアラニン化合物を含む加工食品では、表示可能面積が小さくても、これを含む旨の表示を省略してはいけない。

 

この問題の解説へ


 

123

50歳代の夫婦が、家庭菜園で栽培したナスを入れたスパゲティーを食べたところ、ふらつき、ろれつがまわらない、意識混濁などの症状を呈し、救急外来を受診した。摂取したナスは、チョウセンアサガオに接木して栽培したとのことであった。このナスに含まれるチョウセンアサガオ由来の有害成分として考えられるのはどれか。2つ選べ。

 

1 アコニチン

2 アミグダリン

3 スコポラミン

4 チャコニン

5 ℓ-ヒヨスチアミン

 

この問題の解説へ


 

124

以下の表における観察集団(1)及び観察集団(2)の人口統計についての記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 粗死亡率は、観察集団(1)より観察集団(2)の方が高い。

2 老年人口割合は、観察集団(1)より観察集団(2)の方が高い。

3 65歳以上死亡数の死亡総数に対する割合は、観察集団(1)より観察集団(2)の方が低い。

4 基準集団の人口構成を用いた年齢調整死亡率は、観察集団(1)では41より小さな値になる。

5 基準集団の人口構成を用いた年齢調整死亡率は、観察集団(1)より観察集団(2)の方が高い値を示す。

 

この問題の解説へ


 

125 

喫煙者と非喫煙者における脳血管疾患の年齢階級別発生率を調べ、喫煙と脳血管疾患との関係を調べたところ、表に示す結果が得られた。この結果に関する記述として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 この表は、症例-対照研究の結果を示している。

2 この表における相対危険度は、喫煙をやめることによって脳血管疾患発症数がどれくらい減少できるかを示している。

3 全ての年齢群のうち、5559歳の群は、喫煙が脳血管疾患を発症させるリスクが最も高いと考えられる。

4 6569歳の群の相対危険度の値が全ての年齢群の値より低いのは、加齢によって脳血管疾患の発症率が喫煙の有無にかかわらず高くなるためであると考えられる。

5 喫煙と脳血管疾患発症率との関係を解析する上で、年齢が交絡因子となっている。

 

この問題の解説へ


 



次の問題



目次に戻る