102-124 解説


124

以下の表における観察集団(1)及び観察集団(2)の人口統計についての記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 


1 粗死亡率は、観察集団(1)より観察集団(2)の方が高い。

2 老年人口割合は、観察集団(1)より観察集団(2)の方が高い。

3 65歳以上死亡数の死亡総数に対する割合は、観察集団(1)より観察集団(2)の方が低い。

4 基準集団の人口構成を用いた年齢調整死亡率は、観察集団(1)では41より小さな値になる。

5 基準集団の人口構成を用いた年齢調整死亡率は、観察集団(1)より観察集団(2)の方が高い値を示す。

 

選択肢 1 ですが、粗死亡率とは

一定期間の死亡数を、単純に人口で割った割合です。

年齢調整をしていません。

(そのため「粗」という接頭語がついています。)


観察集団1、2共に粗死亡率は

41/1000 = 0.41 % で、等しいです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。

300/1000と、400/1000 を比べると、400/1000 の方が高いです。



選択肢 3 ですが

30/41 と、32/41 を比べると、 32/41 の方が高いです。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。

基準集団は、若者が多く、年寄りが少ない集団です。

そのため、この集団に合わせて調整すれば

もともと高齢者が多い場合、死亡率が下がります。

そのため、41よりも小さくなると考えられます。



選択肢 5 ですが

もともとの高齢者の割合が、観察集団(2)の方が多いので

調整をした時により死亡率が下がるのが、(2)の方です。

従って、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,4 です。