102-126 解説


126

C型肝炎ウイルス(HCV)感染歴と肝細胞がん発症の関係を調べるため、ある病院において、肝細胞がんの患者100人、及び対照群として性・年齢・喫煙歴・アルコール摂取歴をマッチングさせた別の病気の患者200人を選び出し、抗HCV抗体の有無を調べた。その結果、肝細胞がん患者の80人、対照群の20人が抗体陽性者であった。

この調査から求められる肝細胞がん発症におけるHCV感染歴のオッズ比として、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 4.0

2 4.9

3 8.0

4 16

5 36



与えられたデータをまとめると

以下の表になります。


オッズ比を求めると

ad/bc = 80×180/20×20 = 4×9 = 36です。



従って、正解は 5 です。



(症例対照研究、オッズ比)