102-130 解説


130

グルタチオン抱合に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 基質の求核性部位にグルタチオンが結合する。

2 この反応を触媒する酵素は、グルタチオンペルオキシダーゼである。

3 この抱合反応の後に起こるメルカプツール酸の生成には、アセチル抱合が関与する。

4 アセトアミノフェンの代謝的活性化に関与する。

5 1,2-ジブロモエタンの代謝的活性化に関与する。



選択肢 1 ですが

グルタチオンのチオール基が

求核性を持ち、アタックするメカニズムです。


そのため

基質の「求電子性」の高い、電子密度の低い部分に結合します。

よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが

グルタチオン抱合を触媒するのは

グルタチオン-S-トランスフェラーゼです。

ペルオキシダーゼでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい記述です。



選択肢 4 ですが

アセトアミノフェンは

グルタチオン抱合を受けて代謝され

無毒化されます。代謝的活性化に関与するわけではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。

これは、比較的新しい職業病として

印刷業者と胆管がんの関連から知られるようになった知見です。

ジクロロメタンや1,2ジクロロプロパン曝露に関する

調査結果の副次的知見です。



以上より、正解は 3,5 です。