102-151 解説


151

細胞膜受容体の細胞内情報伝達系に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 アセチルコリンNM受容体(筋肉型ニコチン性アセチルコリン受容体)を刺激すると、イオンチャネルが開口し、終板電位が発生する。

2 ヒスタミンH1受容体を刺激すると、Gsタンパク質を介してアデニル酸シクラーゼか活性化され、細胞内サイクリックAMPcAMP)濃度が上昇する。

3 アドレナリンα2受容体を刺激すると、Gqタンパク質を介してホスホリパーゼCが活性化され、イノシトール三リン酸及びジアシルグリセロールが産生される。

4 オピオイドκ受容体を刺激すると、Giタンパク質を介してアデニル酸シクラーゼ活性が抑制され、細胞内cAMP濃度が減少する。

5 セロトニン5-HT3受容体を刺激すると、イオンチャネルが開口し、抑制性シナプス後電位が発生する。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。


アセチルコリン受容体には

大きく分けて M 受容体と、N 受容体があります。


M 受容体は、7-TMです。

(※ M1,M3 は、Gq 共役

M2 は、Gi 共役)


N 受容体は、イオンチャネルです。

刺激により、チャネルが開口し、電位が発生します。



選択肢 2 ですが

H1 受容体は、Gq 共役型受容体です。

従って、DG、IP3 を介して情報伝達が行われます。


Gs 共役型は、β、β、H2 、D1 等です。



選択肢 3 ですが

α2 受容体は、Gi 共役型受容体です。

AC 活性が抑制され、細胞内 cAMP 濃度が減少します。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。

オピオイド受容体は

κ 受容体の他、μ 受容体や、δ 受容体などのサブタイプがあります。

どれも、Gi/Go 共役型の、7-TMです。



選択肢 5 ですが

抑制性シナプス後電位が発生するようなイオンチャネルは

GABA 受容体や、グリシン受容体です。

これらは、Clのイオンチャネルとして働きます。



以上より、正解は 1,4 です。




参考)薬理学まとめ 1-1 4)