102-152 解説


152

交感神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 サルブタモールは、アドレナリンα1受容体を選択的に刺激して、血管平滑筋を収縮させる。

2 クレンブテロールは、アドレナリンα2受容体を選択的に刺激して、血管平滑筋を弛緩させる。

3 ドブタミンは、アドレナリンβ1受容体を選択的に刺激して、心筋収縮カを増大させる。

4 チモロールは、アドレナリンα1受容体を選択的に遮断して、眼圧を低下させる。

5 フェニレフリンは、アドレナリンα1受容体を選択的に刺激して、散瞳を引き起こす。



選択肢 1,2 ですが

サルブタモール

クレンブテロールは

共に β2 受容体刺激薬です。

よって、選択肢 1,2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい記述です。

ドブタミンは、β1 刺激薬です。



選択肢 4 ですが

チモロールは、β 遮断薬です。

眼圧低下という記述は正しいです。


β 遮断により、眼房水産生が抑制されて

眼圧低下します。



選択肢 5 は、正しい記述です。

フェニレフリンは

選択的 α1 受容体作動薬です。

散瞳薬 及び 昇圧薬として用いられます。



以上より、正解は 3,5 です。